2016年1月2日(土)

1
nextpage

演武の動画は500万再生! 金メダル最有力!

高野万優(まひろ)、9歳。

新潟県在住のこの小学3年生の女のコは、「金メダル」の有力候補と言われている。2020年東京五輪の正式種目に採用される可能性が高い、空手。現在、国際大会の出場条件は16歳以上だが、それを14歳に緩和する案が浮上している。五輪の年、14歳になる彼女は出場資格を得ることになる。

実績は十分だ。全日本少年少女空手道選手権(形の部)で3連覇を達成し、ライバルたちを常に圧倒し続けている。また、空手のアンバサダー(広報活動)としてメディアなどで活躍。その知名度と人気度は極めて高い。

その証拠に、幼少時に撮影された彼女の演武の動画(*)の再生回数は、驚異の約500万。小学生らしからぬ身体のキレ、殺気を帯びたオーラは国内外で絶賛され、アパレル商品のコマーシャルや著名な外国のアーティストのミュージックビデオ(**)で「主役」に抜擢された。

「プレジデントファミリー」2016年冬号(発売中)では、そんな「時の人」の日常と稽古、そして公式戦に密着。家庭における愛嬌たっぷりの「小学生の女のコ」が、稽古・試合になると顔つきが文字通り一変し、「空手家」となる様子を、多くの迫力あふれる写真とともにレポートしている。

天才少女の強さのルーツは何か。2年先に空手を始めた兄の存在が彼女に与えた影響とは何かーー。それはぜひ、同誌をお読みいただくことにして、ここでは記事であまり触れていない「親の接し方」をお伝えしよう。

PickUp