2015年10月25日(日)

中高一貫校で「優等生」が優等生でなくなる理由

進路で迷った時の学校選びの鉄則【3】

PRESIDENT Online スペシャル

著者
おおた としまさ 
教育ジャーナリスト

麻布高校卒業、東京外国語大学中退、上智大学卒業。リクルートから独立後、数々の教育誌の企画・監修に携わる。中高の教員免許、小学校での教員経験、心理カウンセラーの資格もある。著書は『名門校とは何か? 人生を変える学舎の条件』『男子校という選択』『女子校という選択』『進学塾という選択』など多数。

執筆記事一覧

教育ジャーナリスト おおた としまさ=文
1
nextpage

私学ネットワークが個別教育を実現

学力については、確実に公立のほうが多様性がある。逆に中学受験を経て入学してきた私立中学の生徒たちの学力は拮抗している。たしかにそこに私立中学生の弱点はあるかもしれない。

自分と同じくらいの学力の人とのコミュニケーションは楽だ。同じような知識レベル、思考力の友達とばかり話をしていたら、そうでない人たちとの会話に違和感を覚えるようになるものだ。たとえば「なんでこんな簡単な問題がわからないの? わからないことがわからない……」みたいなこと。

しかし、生徒の学力が拮抗していることはメリットととらえることもできる。

最近では公立の中学校でも、特に数学や英語に関しては習熟度別の授業を取り入れるようになってきている。学力が高い子にはそのレベルに合わせた授業が必要だし、遅れをとっている子にはそれなりの手当てをしてあげないといけないからだ。

その点私立中学においては、首都圏約300の私立中学全体が1つの習熟度別学習システムのように機能しているといえる。中学入試というフィルターを通してそれぞれの生徒がそれぞれに適した学校に収まるようになっているのだ。

中学入試というフィルターが、単に学力レベルだけを見極める機能を果たしているわけではなく、子供の個性までをも見抜こうとしていることは、拙著『名門中学の入試問題を解けるのはこんな子ども』(日経BP社)に詳しい。

現在子供の学力や個性に応じた個別教育の重要性が訴えられているが、少なくとも首都圏約300の私立中高一貫校は、300校の集合体全体として、子供たちの学力と個性に応じてかなり細かくセグメントされた個別教育を実現するしくみだといえるのだ。詳細は拙著『進路に迷ったら中高一貫校を選びなさい』(ダイヤモンド社)を参照いただきたい。

生徒たちの学力が拮抗していることは別のメリットももたらす。

もし学力に明らかな差があれば、教室の中で、「あいつは頭がいいやつ」「あいつは頭が悪いやつ」という固定概念ができあがるだろう。少なくとも学力の面においては、文字通り、偏差値基準でヒエラルキーができあがる。

しかし、学力が拮抗していればこそ、「くっそー、今回のテストでは負けたけど、今度こそ負けないぞ!」みたいな健全な競争が生じる。あるいは、「あいつには数学ではかなわないけど、英語では負けない」というようなことが頻繁に起こる。そしてお互いの得意分野をお互いに認め合う文化が生まれる。「数学のことなら、あいつに聞こう」「英語のことなら、あの子だ」など。これこそ本当の意味で多様性を認める文化といえるのではないだろうか。

PickUp