よりよく働く、生きる、輝く! 女性の応援サイト

女の言い分、男の言い分

「男の家事」半分やってるつもりでも実際は2割にすぎない

PRESIDENT WOMAN Online 著者プロフィール
大宮 冬洋 おおみや・とうよう
フリーライター

大宮 冬洋1976年埼玉県生まれ。一橋大学法学部卒業後、ファーストリテイリング(ユニクロ)に就職。退職後、編集プロダクションを経て、2002年よりフリーライターに。ビジネス誌や料理誌などで幅広く活躍。著書に『私たち「ユニクロ154番店」で働いていました。』(ぱる出版)、共著に『30代未婚男』(生活人新書)などがある。実験くんの食生活ブログ http://syokulife.exblog.jp/

執筆記事一覧

大宮冬洋
この連載の一覧
■編集部より指令

炎天下、子ども2人と大荷物を乗せて15分間自転車を漕ぎ、汗だくで保育園に送り届けたあと、満員電車に揺られる日々。

会社に到着した時点で全エネルギーの半分くらいは使い果たしている。仕事が終わって帰宅後も家事とお風呂と寝かしつけ……。

子育てしながらの共働きで毎日ヘトヘトですが、トクすることってあるんでしょうか。

■佐藤留美さんの回答

「ワーママ」は毎日が綱渡りでも幸福度が高い理由
http://president.jp/articles/-/13337

■大宮冬洋さんの回答

共働きで得をするのは主に夫

今回のお題文章、出題者の個人的な経験がにじんでいるようでいいですね~。不快で苦しい満員電車に加えて、暑くても寒くても子ども2人を自転車で送り、帰宅後の家事とお風呂と寝かしつけ。信じられない労働量です。これで子どもが熱でも出したらどうするのでしょうか。

母は強し。ワーキングマザーは2つの正業を持っているようなものだな、とつくづく感じました。体調を崩さないように気を付けてくださいね……。

ええっと、何の話でしたっけ。共働きで得すること、でしたね。あまり大きな声で言いたくはありませんが、共働きで得をするのは主に夫です。

子育てを含めた家事のほとんどをやっている妻がお金も稼いでくれる――。こんなにありがたい状況があるでしょうか。「僕は家事の半分をやっているよ」と主張するイクメン野郎がいるかもしれませんが、子育て以外の家事を一手に引き受けた上で週末は子守りをして初めて「半分」に達すると思います。

僕たち昭和生まれの場合、女性並みに家事をする男性はまれです。夫の家事は、ゴミをまとめて捨てるとか洗濯物を干してたたむとか食器を洗って片づけるといった補助作業に留まります。かなりこまめに「作業」をしても全家事労働の2割弱しか担っていない、という認識が正確でしょう。

責任感を持って家事に向かっている「管理職」はあくまで妻なのです。しかもこの管理職は現場の作業もバリバリこなし、家事部下である夫が少し手伝うと感謝の言葉をかけてくれたりする。まさにプレイングマネージャーですよね。

このプレイングマネージャーが外でも働いて家計も助けてくれるというのです。働き者、としか言いようがありませんね。

世の中にはいろんな女性がいます。僕の推計では、「働き者」の称号にふさわしい意欲と実力を備えた人は全人口の3割ぐらいです。「オレの稼ぎだけで家族を養う」という気概と実績のない男性は、この3割の女性と結婚しなくては幸せになれません。

このエントリーをはてなブックマークに追加
PRESIDENT WOMAN VOL.14
最新号 PRESIDENT WOMAN VOL.14 2016年6月号 一日で、ロジカルに話せる人になる ビジネスシーンでの「話し方」において、最も必要なことはなんだろう。そして、世の中の働く女性が苦手だと感じていることは? 今月のプレジデントウーマンは「論理的に話すこと」を目標に掲げます! これができれば、きっと悩みは解決するはずです。

今日の花個紋

和蘭海芋の丸

おらんだかいうのまる
個意ことば
【知性】
花名
和蘭海芋

花個紋は、四季折々の花を「紋」にあらわした “その日”を祝福するための「しるし」です。

© Digimom Workers ,Inc

星座×タロットカードで占う 今月の仕事運
監修/Rieko★