よりよく働く、生きる、輝く! 女性の応援サイト

婚活サバイバル

「家事夫」と「稼ぎ夫」。どっちを取った方が幸せか

PRESIDENT WOMAN Online 著者プロフィール
牛窪 恵 うしくぼ・めぐみ
マーケティングライター

牛窪 恵

1968年、東京都生まれ。大手出版社勤務ののち、フリーライターとして独立。2001年、マーケティング会社インフィニティを設立。定量的なリサーチとインタビュー取材を徹底的に行い、数々の流行キーワードを世に広める。『アラフォー独女あるある!図鑑』(扶桑社)など著書を多数執筆する一方で、雑誌やテレビでも活躍。10月末『大人が知らない「さとり世代」の消費とホンネ』(PHP研究所)が発売。12月5日『「バブル女」という日本の資産』(世界文化社)が発売に。財務省財政制度等審議会専門委員

執筆記事一覧

牛窪 恵
この連載の一覧
【相談内容】

最近、女友達は『夫にするならイクメンだよね~』と言い合ってます。でも私は『家事・育児より、男は稼ぎでしょ!』と思うんですが…古いでしょうか?(24歳・ユイさん 製薬会社)

【牛窪恵さんの回答】

「ゲットとフィット」で考える

ユイさんは、いま流行りの「リケジョ(理系女性)」で、大学院まで出てまだ入社1年目。この若さで婚活中と聞いて驚きましたが、すでにここまで考えているのも、すごいですよね。

でも婚活・妊活ブーム以来、“早婚”を視野に入れた動きも珍しくありません。

とくに慶応大学医学部の吉村泰典教授らが、「35歳の女性が出産できる可能性は、20代の半分である」と言い切ってから、20代女性の間では、「早く結婚、出産しないと」との焦りが強くなっているのも事実。

近年は男性も含めて、大卒組でも「晩婚VS早婚」の二極化が顕著になってきました。

さて、ユイさんのお悩み。「家事夫かキャリ夫(キャリア派の夫)か」で、考慮すべきポイントは、大きく2つあります。

1. 婚活市場で、どちらの男性をゲットしやすいか?
2. ユイさんの人生に、どちらの男性がフィットするか?

ゲットとフィット、この2つに分けて考えてみましょう。まずは“ゲット”から。

「あなたが考える『稼ぎのいい男』って、年収どれぐらいのイメージ?」

改めてユイさんに聞くと、彼女は「500万円以上かな」と言います。

「理想は年収600万円以上だけど、それって“3.5%”しかいないって、牛窪さんの本で読みました。だからちょっと落として、500万円ぐらいで(笑)」。

彼女が例にあげたのは、少し前の厚生労働省の調査(03年 助成調査)ですが、ここで「25~34歳の未婚男性(東京都)で、年収600万円以上は?」と探すと、確かにわずか3.5%しかいない。

また、その後の野村総合研究所の調査(09年)で、年収500万円以上の未婚男性を見ても、49歳まで含めて8%弱に限られてしまいます。

つまり、ユイさんが言う「年収500万円以上」を条件にした時点で、当てはまる未婚男性は1割もいない。ユイさんは妥協したつもりかもしれませんが、“ゲット”は非常に狭き門、と言えるでしょう。

ではもう1つの“フィット”について。

ユイさんに次の質問を投げると、ちょっと意外な答えが返ってきました。

このエントリーをはてなブックマークに追加
PRESIDENT WOMAN VOL.14
最新号 PRESIDENT WOMAN VOL.14 2016年6月号 一日で、ロジカルに話せる人になる ビジネスシーンでの「話し方」において、最も必要なことはなんだろう。そして、世の中の働く女性が苦手だと感じていることは? 今月のプレジデントウーマンは「論理的に話すこと」を目標に掲げます! これができれば、きっと悩みは解決するはずです。

今日の花個紋

陰巾着草

かげきんちゃくそう
個意ことば
【寛大】
花名
巾着草

花個紋は、四季折々の花を「紋」にあらわした “その日”を祝福するための「しるし」です。

© Digimom Workers ,Inc

星座×タロットカードで占う 今月の仕事運
監修/Rieko★