よりよく働く、生きる、輝く! 女性の応援サイト

女の言い分、男の言い分

なぜ「時短女性」は半人前扱いされるのか -働く時間・女の言い分

PRESIDENT WOMAN Online 著者プロフィール
佐藤 留美 さとう・るみ

佐藤 留美1973年東京生まれ。青山学院大学文学部教育学科卒。出版社、人材関連会社勤務を経て、2005年、企画編集事務所「ブックシェルフ」を設立。20代、30代女性のライフスタイルに詳しく、また、同世代のサラリーマンの生活実感も取材テーマとする。著書に『婚活難民』(小学館101新書)、『なぜ、勉強しても出世できないのか? いま求められる「脱スキル」の仕事術』(ソフトバンク新書)、『資格を取ると貧乏になります』(新潮新書)、『人事が拾う履歴書、聞く面接』(扶桑社)、『凄母』(東洋経済新報社)がある。東洋経済オンラインにて「ワーキングマザー・サバイバル」連載中。

執筆記事一覧

佐藤留美
この連載の一覧
■編集部より指令

前回の「職場の子持ち礼賛が面白くないと思ったら」の記事(http://president.jp/articles/-/11635)は、多くの方にお読みいただきました。

一方で、これだけの子持ち礼賛の時代であっても、子どものお迎えなどで定時に帰ったり、時短を取る女性の多くが肩身の狭い思いをしています。

仕事を持ち帰り、子どもを寝かしつけてから取り組むという、もはや時短とは言えないような人も。

時短で働くことの損得は、実際のところどうなのでしょうか。また、男性社員たちは時短女性のことをどう思っているのでしょうか。

■大宮冬洋さんの回答

「子育てより残業のほうが楽」つのる夫婦の不公平感 -働く時間・男の言い分
http://president.jp/articles/-/11763

■佐藤留美さんの回答

「0.5人」とカウントされる

ここ数年、子どもを出産後、育児休暇(育休)を取得して、職場復帰する女性社員が増えています。そして、大手企業の人事担当者複数名に聞く限り、その6~7割は短時間勤務制度(時短)を利用しての復帰なんだとか。

日本の会社に時短制度がいかに普及したか、そして、時短のおかげで、キャリアを諦めることなく仕事を継続できる人がいかに増えたかが、わかります。

しかし、コレでワーキングマザーも会社もその他社員もみんなハッピーかといえば、コトはそう単純ではありません。

まず、会社側は「時短社員は戦力にならない」と、文句ブーブーです。先日、私は、ある大手企業のある部門の組織図を見て「ギョッ」としました。

そこには、「○○推進課(5.5名)」などと書かれていたのです。

この5.5名の内訳は? と、その組織図を見せてくれた人に聞くと、この部署には、通常の勤務の人が4人と、育休復帰後の時短勤務の女性社員が3人いるのだそうです。

だったら7名の部署ではないか? そう突っ込むと、時短勤務の女性社員は、一般社員の「半人前」だから、0.5名としてカウントするのだと言います。

それを聞いて私はため息をついてしまいました。

時短社員は、一人前扱いして貰えないのか――と。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Keywords: 保育園育休ワーママ時短
PRESIDENT WOMAN VOL.16
最新号 PRESIDENT WOMAN VOL.16 2016年8月号 うまい!書き方 ときにはわかりやすくシンプルに、ときには感情をのせて、相手に伝わる心を揺さぶるような文章が書けたら、毎日の仕事は大きく変わるはず。お礼状、挨拶状、依頼状、おわび状などの手紙から日々のメールやツイッター、フェイスブックまで、文章を書く機会がますます増えています。もっと、うまく書きたい。そう願うすべての方にこの特集をお届けします。
星座×タロットカードで占う 今月の仕事運
監修/Rieko★