2013年11月12日(火)

自分は運がいい、強運であると言えるか

「年収1億円」稼ぎのエッセンス 第12回

PRESIDENT BOOKS /PRESIDENT Online スペシャル

著者
江上 治 えがみ・おさむ
株式会社オフィシャル 代表取締役

1967年生まれ。有名プロスポーツ選手から経営者まで、年収1億円超えのクライアントを50名以上抱える富裕層専門のカリスマファイナンシャルプランナー。サラリーマン時代には大手損害保険会社、生命保険会社の代理店支援営業における新規開拓分野および売上達成率で、全国1位を4回受賞。損保会社では最短、最年少でマネジャーに昇格。生保会社でも最短でのマネジャー昇格を果たす。独立後は、保険営業を中心としたFP事務所を設立。人脈ゼロ、資金ゼロから1000名を超える顧客を開拓し、これまでに通算600億円の保険契約を獲得。著書にベストセラーとなった『年収1億円思考』がある。

執筆記事一覧

株式会社オフィシャル 代表取締役 江上 治
1
nextpage

年収1億円以上の私の顧客を見ていると、自分は運がいい、強運であると言えるかどうかも、とてつもない報酬へのひとつの試金石ではないかと思う。

オンテックスの小笹公也会長が、まだ20代前半だったころの体験で、運にまつわるエピソードを聞かせてもらったことがある。

ある冬、小笹会長の会社で、新興住宅地で建設中の大規模マンションの塗装を受注したことがあった。そこに、下請けの塗装業者を派遣した。

その彼らの仕事が遅いのだ。現場を見ている発注元から連絡が入り、とてもではないが、あれでは工期に間に合わないという。仕方がないので、若い職人を5人ほど連れて応援にいくことになった。

ところが、現場についてみると、思った以上に仕事が遅れている。しかも、周りには大きな研究所の駐車場があり、一面に車が停まっている。つまり、吹きつけをするためには、塗料が飛び散っても平気なように、車1台1台をシートで覆わなくてはならないわけだ。とてもではないが、そんな手間はかけられない。

そこへ、雪が降ってきた。それも大粒の雪が、みるみる積もりはじめたのだ。

その雪を見て、下請けの業者は帰り支度をはじめた。

「ちょっと待て。絶対帰るな。いま、チャンスやないか!」

小笹会長は、思わず叫んだ。いまであれば、駐車場の車に塗料よけのシートをかけなくても、降り積もった雪がシートの代わりになってくれる。そのうえ塗料は水性なので、たとえ飛び散っても、雪と一緒に流れてくれるのだ。

小笹会長たちは、もち込んだ塗装のマシン3台をフル稼働して、一気に残っていた軒裏の塗装にかかった。

塗料を混ぜる機械から電気が伝わって、手がびりびりした。軍手が雪で濡れてしまっているからだ。だが、これにより、工期を一気に短縮することができた。

大雪が、小笹会長に運をもたらしてくれたわけだ。

PickUp