トップ > 

著者一覧 > 

為末 大(ためすえ・だい)

著者
プロフィール
為末 大(ためすえ・だい)

為末 大

アスリート 1978年広島県生まれ。陸上トラック種目の世界大会で日本人として初のメダル獲得者。男子400メートルハードルの日本記録保持者(2016年5月現在)。01年エドモントン世界選手権および05年ヘルシンキ世界選手権において、男子400メートルハードルで銅メダル。シドニー、アテネ、北京と3度のオリンピックに出場。03年、プロに転向。12年、現役生活から引退。現在は自身が経営する株式会社侍のほか、一般社団法人アスリートソサエティ、株式会社Xiborgなどを通じて、スポーツ、社会、教育、研究に関する活動を幅広く行っている。著書に『走りながら考える』『諦める力』『為末大の未来対談』『逃げる自由』(最新刊行)など。http://tamesue.jp

PR

最新記事

インフォメーションPR

最新号

PRESIDENT 2016年12月19日号 怒らない生き方