カードの明細が毎月3~4枚に!

高橋 守さん(仮名)●大手マスコミ勤務 36歳
【年収】1200万円【貯金】100万円
【家族構成】妻と子供1人

かつて高収入の代名詞だったマスコミだが、不況で諸手当が次々カット。「もう給料は上がらないかもしれませんね」。

「家計は……妻も僕も、どちらも管理していないんです」

そんな衝撃的な告白から高橋守さん(36歳、マスコミ勤務)の話は始まった。

バブル世代の40代より遅いとはいえ、高橋さんの年収は数年前に額面で1000万円を超えた「勝ち組男性」だ。しかし毎月100時間を超える残業で、幼稚園に通う子供との時間はほとんど持てない。日本によくある「企業戦士の母子家庭」である。

「月に使うお金は都内に買った家のローン(5000万円、25年ローン)が月15万円、カードの引き落としが妻の家族カードの分も合わせて、30万~40万円ぐらいです」

毎月3、4枚になる長い長いカードの明細は3秒見て、総額をチェックして終わりだ。

「妻が何にお金を使っているか……多分、美容院とか、子供とのランチとか? 大したことはしていないのに、なんでこんな金額になるのか不思議です。でも、子育ては妻にまかせっきりなのでストレスがたまるだろうと思い、好きにしてもらっています」

つまり妻も夫も、カードを使い放題なのだ。それでも「1回も赤字になったことはない」というのだから、いかに年収が高いかがよくわかる。

特に大きな買い物は2人ともしないが、毎月の手取り60万円はほとんど残らない。こざっぱりとおしゃれな高橋さんは洋服も季節に合ったものがあれば大丈夫……といってもユニクロではないが。妻もブランド物を衝動買いすることはないが、気に入った靴やニットなどは色違いでまとめ買いするという。1万円でも五枚になれば5万円。ひょっとすると、いざとなったら換金できる高価なブランドバッグや時計を(計画的に)買うほうが、資産として残るのかもしれない。