2013年2月18日(月)

開校から8年、国際教養大が東大と肩を並べた秘密

PRESIDENT 2012年11月12日号

著者
茂木 健一郎 もぎ・けんいちろう
脳科学者

茂木 健一郎1962年、東京都生まれ。東京大学理学部卒業後、東京大学大学院理学系研究科物理学博士専攻博士課程修了。理学博士。第4回小林秀雄賞を受賞した『脳と仮想』(新潮社)のほか、著書多数。

執筆記事一覧

茂木健一郎 写真提供=国際教養大学
1
nextpage

従来の日本にはなかった新しいかたちでの学びの場として注目されている、国際教養大学を訪問した。

2004年に秋田県秋田市に開学した国際教養大学。1学年の定員が170名あまりと小さな大学だが、英語に基づく高度なリベラル・アーツ教育、卒業生の就職実績の良さで近年脚光を浴びている。入試制度が異なるので単純には比較できないが、難易度も急上昇。センター試験の成績で見れば、すでに東京大学文系と同じ程度の高得点が必要とされるという。

学長の中嶋嶺雄氏に、開学当時お話をうかがう機会があった。「これから、日本に、アメリカと同じような、一流のリベラル・アーツ・カレッジをつくるんです!」と意気込んでいらした中嶋先生。短期間のうちに、お言葉通りの質の高い大学になりつつある。

秋田空港から自動車で10分ほど走ると、もう国際教養大学のキャンパスだった。アメリカの大学と同様、街と大学を仕切る境界のようなものはなくて、道を行くといつの間にか大学に入っている。

英語の書籍を中心に6万8000冊の蔵書がある「24時間眠らない図書館」(写真提供=国際教養大学)

秋田らしく、豊富な木材を活かした建物が並ぶキャンパスは清々しかった。緑の中を、教科書を持った学生たちが行き交っている。1年365日、24時間開いているという図書館は広々として格調があり、見学した小学生たちが、「ハリー・ポッターみたいだ」と歓声を上げるのだそうだ。

大学側のご好意で、いくつか講義を見学させていただいた。アメリカ憲法の授業の先生は日本人。20名程度の少人数で、活発に議論しながら「表現の自由」について考える。帰国子女らしい、流暢な英語でしゃべる人もいたが、日本で英語を学んだ、それでも英語が達者な学生も、自分の意見を述べていた。

PickUp