2013年1月15日(火)

仕事が「雑で速い人」vs「丁寧で遅い人」どちらがエラくなるか?

PRESIDENT 2013年2月4日号

著者
小松 俊明 
東京海洋大学特任教授

1967年、東京都生まれ。産業界出身の大学教員としてグローバル人材育成、キャリアや転職、時間管理等をテーマにした講演・著述で活躍中。

東京海洋大学特任教授 小松俊明 構成=長山清子 写真=PIXTA
1
nextpage

『孫子』に「巧遅は拙速に如かず」という言葉がある。どんなに上手でも完成まで時間がかかりすぎるよりは、下手でも速いほうがいいという意味だ。

現代のビジネスでは、スピードはますます重要性を増している。質がどうでもいいわけではないが、締め切りがある仕事においては、それを守れなければ何もしないのと同じであり、そして締め切りのない仕事などないといっていい。

図を拡大
管理職のほうが一般社員より「速さ」を評価/上司は「この仕事で評価するのはここ」と示して、枠からハミ出ている部下を徹底指導すべし!

プレジデント編集部がとったアンケートの結果を見てみると(図)、一般社員では「丁寧さも速さも並がいい」という人が多いが、管理職以上になると、「丁寧さよりもスピードを重視する」という人が多くなる。これは管理職ほどスピードの重要性を理解しているからだろう。また現実問題として、たとえミスだらけだろうと期限前に提出さえしてくれれば、周囲がフォローすることもできる。だから「巧遅の部下よりは、拙速の部下のほうがマシだ」と考える管理職が多いのかもしれない。

しかし本当は拙速と巧遅のどちらがいいかという議論は、問題設定のしかたによって、まったく答えが変わってくる。

時間はあまり問題でないとき、人間は基本的に質が高いほうを選ぶものだ。

「30分後に届くけれどまずいピザ」と、「完成するのは3時間後だが、有名シェフによる垂涎もののフランス料理」のどちらかを選ばなくてはいけないとしたら、ほとんどの人が後者を選ぶのではないだろうか。

しかし待たされるのが3時間ではなく3日で、それまで何も食べられないとしたら、状況は一変する。「どんなにまずくてもいいからピザをくれ」となるはずだ。つまり「速い・遅い」も、「丁寧・雑」も、すべて程度の問題。何か突出して優れている部分があっても、突出してダメな部分があれば台なしになってしまうのだ。

それではなぜ同じ組織に極端に遅い人や雑な人がいるかといえば、管理職が「ここまではOK、これ以上はNG」という規準をはっきり示さないからである。「速い・遅い」「丁寧・雑」という評価軸を立てて4象限のマトリックスで表すと(図)、「この職場で許容範囲とされるゾーン」がわかりやすくなるだろう。ところが多くの職場では、この規準が明確に示されていない。

PickUp