外務省キャリアも知らなかった抜け道

飯島 勲氏
飯島 勲氏

秘書の心得として永田町によく流布している話がある。

親分である議員や、地元の顔役から、

「カラスは白いと思うのだが、君は何色だと思う」

と問われ、

「はい、私も白いと思います」

と答えるのでは物足りない。敏腕秘書なら、

「カラスは真っ白です」

と断言するのが正しい、というものである。

しかし、私に言わせれば、この答えとて、まだまだ甘い。なにがなんでも「白いカラス」を見つけ、「やはり先生の言うとおりだった」と世論に訴えてこそ、プロの仕事といえるのではないだろうか。

飯島氏がフィンランドで見た「白いカラス」(ハイイロガラス)。(AFLO=写真)
写真を拡大
飯島氏がフィンランドで見た「白いカラス」(ハイイロガラス)。(AFLO=写真)

2006年9月に出発した小泉純一郎総理(当時)が、51回目の、そして最後の外遊で、フィンランドのヘルシンキへ訪れたとき、「白いカラス」を私は目撃した。そのときの模様は、小泉メールマガジンにも長勢甚遠官房副長官(当時)の言葉として収録されている。ちなみに私は黄身が黄色くないタマゴ、匂いのないドリアンも実際に食べた。ガーナでは、鶏が米粉を食べているため、黄身が白くなってしまう。ドリアンは品種改良だという。

もちろん、小泉元総理が「カラスは白い」などと言ったことはない。むしろこのエピソードは、議員と秘書ではなく、陳情者と事務所の関係といえるだろう。「白いカラスを見たい」というぐらい解決不能な陳情が、政治家事務所には舞い込んでくるものなのだ。票をお金で買うことをしない事務所にとって、このような相談の解決こそが生き残りの術になっていく。