(略)

なぜ自称「保守」の連中は共産・立憲民主を推すのか?

希望の党の設立について問題点を挙げればきりがないし、批判しようと思えばいくらでもできる。しかし小池さん、前原さんが希望の党の設立に踏み切った行動は大いに評価できる。野党を分かり易くし、二大政党制の第一歩を踏み出した。二大政党制に向かおうと思えば、民進党の解党というプロセスを踏まねばならず、これは誰かがやらなければならなかったことだ。もちろん、今後希望の党が混乱し、消滅するかもしれないリスクはある。でも希望の党が消滅すれば、それはそれで〔自民・公明〕と〔共産・立憲民主〕の二大政党制に向かっていくので日本にとってハッピーなことだ。

(略)

笑っちゃうのが、自称インテリは突き詰めていくと、共産党や立憲民主党の支持に向かっていく傾向があるということ。しかも自分は「保守だ!」と言ってる連中に限ってね。漫画家の小林よしのりは立憲民主党の応援、山口二郎(法政大学教授)の弟子の中島岳志(東京工業大学教授)は共産党の応援をしていた。こいつらがどこの党を応援しようが知ったこっちゃないし、こいつらの力で何かが動くということは一切ないが、抽象論、観念論を振り回す連中の思考がどれだけ浅いかが改めて分かったよ。

保守やリベラルの論争なんて実に下らない、何も解決しない論争なのに、そういう抽象的な観念論にこだわる連中は現実が見えなくなるんだよね。そして自分の主義主張に、一点でも反することがあれば、それは全否定。その裏返しとして一点でも合致することがあれば全肯定という単純な思考回路。ほんと浅いし危険だよね。

小林も中島も、安倍政治が嫌だという一点で、安倍政権を全否定し、立憲民主党や共産党を全肯定して全力で応援する。安倍自民党や立憲民主党、そして共産党の各政策を深く吟味しようという姿勢は全くない。それで自分は保守だ! と言って、立憲民主党や共産党に溺れないように伏線、エクスキューズを残しておく。ほんとせこい奴ら。そこまで言うなら、立憲民主党員や共産党員にでもなれっていうの。しかしこいつらにそこまでの勇気はない。

橋下徹公式メールマガジン 好評配信中!Vol.78は11月7日配信予定
政界に突然彗星のごとく現れた男は、大阪の何を変え、誰と戦い、何を勝ち得たのか。改革を進めるごとに増える論敵、足を引っ張り続ける野党との水面下での 暗闘をメルマガ読者だけに完全暴露。混迷が続く日本経済、政界の指針を明確に指し示します。元政治家、弁護士、そして7人の子どもを持つ親として、読者からの悩みごとにもズバリ答えます!

橋下徹と直接やりとりできる、唯一のコミュニケーションサロン、「橋下徹の激辛政治経済ゼミ」へのご入会はこちらから!→ http://ch.nicovideo.jp/toruhashimoto