「教会ではタダで英会話レッスンを受けられる」

その真相を確かめるため、潜入取材をすることにしました。

潜入取材当日の3月8日水曜日。19時前になると渋谷区にあるビルに人が集まりました。末日聖徒イエス・キリスト教会(モルモン教会)が行う無料の英会話教室「GOeigo」のレッスンを受けるためです。

実際にこの教会でライターに生徒として受講してもらうのですが、取材前にライターは不安を口にしていました。

【ライター】無料で英会話を教えてくれるだなんて、きっとなにかウラがありますよね。教徒になるように強要されるのではないでしょうか……。
【私】なにかあったら、いつでもご一報ください。すぐに行きます。

ライターが受講したクラスには、15人ほどの生徒に講師は2人。どちらも米国から日本に来ているモルモン教会の宣教師だそうです。

19時になるとレッスンがスタート。まずは短いお祈りをするのが儀式のようです。そして――。

「よかったです! この英会話教室は使えます。僕はしばらく通ってみようと思います。一緒にどうですか!?」

潜入取材を終えて、ライターはいきいきと力強く話してくれました。

プレジデント 2017年4月17日号発売中!特集は『世界が証明◎1500単語で大丈夫 「中学英語」でペラペラ話す』です

教会のなかでなにがあったのか。モルモン教の教えが説かれるのか。教徒になるように勧誘されるのか。どんなレッスンが行われたのか。ライターにどんな心境の変化があったのか。詳しい経過は発売中のPRESIDENT「お金をかけない英会話習得術」という記事でご覧いただければと思います。

英会話を学ぼうとしても、英会話スクールへ通うには、1回8000円程度の出費が必要になります。なんとか安くならないものか。そこで生まれたのが今回の企画です。

教会でのレッスンのほかにも、お互いの母語をカフェなどで教えあう交換学習やカルチャーセンターで無料にて開催されている英会話講座などがあります。記事ではこれらについても紹介しています。

もちろん、一方の英会話スクールの実力についても研究しています。TOEICのスコアを100点以上アップさせた人500人に独自調査を実施しました。「コースと講師」「値頃感」の満足度から最も支持を集めたスクールはどこか。

ぜひ英会話学習のきっかけにしていただければ幸いです。