「いつも自分は損ばかりしている気がする」そんな人は、ここに挙げるような行動をしている自覚はないだろうか?

「自分へのご褒美」が口癖である

定年間近のAさんが、以前から退職金が出たらやりたいと思っていたこと、それは豪華客船での世界一周クルーズ。

「いままで苦労して働いてきたんだ。妻と自分へのご褒美だ! バチは当たらないだろう」。気持ちはわかりますが、残念ながらこれは退職後に失敗する典型的なパターンです。

おそらくサラリーマンにとって退職金は大事な老後の資金のはず。2000万円の退職金のうち300万円を旅行に使ったら、マイナス15%から老後生活を始めなければいけません。これは非常に不利です。なぜ人はこんなことをしてしまうのでしょうか。

実は人の心の中にはいくつもの財布が存在しています。これを行動経済学では「メンタルアカウンティング」(心の財布)といい、合理的ではない行動を生み出す原因になっていると考えられています。心の中に「自分へのご褒美財布」を持つのはやめましょう。もし豪華な旅行に行きたいのなら、何年か前から旅行費としてコツコツと積み立てておくべきでしょう。

この「メンタルアカウンティング」をうまく利用している商品があります。一定期間入院しなかった場合にお祝い金が出るタイプの保険です。一見、「保険会社負担でお祝い金がもらえる!」ようにも感じますが、それは勘違い。

あのお祝い金の分は、毎月払っている保険料にしっかり上乗せされている、つまりあなたの財布から出たお金です。

お得そうな言葉に惹かれて、逆に損しないよう要注意です。

大江英樹
1952年、大阪府生まれ。野村証券で個人資産運用、企業年金制度のコンサルティングなどを手掛ける。2012年、オフィス・リベルタスを設立。行動経済学の研究からその問題点や解決法に切り込む講演・セミナーが人気を博している。『その損の9割は避けられる』『老後貧乏は避けられる』など著書多数。