「いい夫婦」はお金関係もいいとは限らない

突然だが、お宅の夫婦仲は円満だろうか?

我が家は結婚して15年目になるが、夫婦共働きで、年代的にも働き盛り。かつ子どもがまだ小さいということもあって、家族全員がとにかく忙しい。ただ、平和に穏やかに日々を過ごしているので、まあ、円満な方なのではないかと思っている。

そして驚くべきことに、世の既婚女性の9割もの人が、自分たちを「いい夫婦」と自負しているそうだ。

株式会社パラサ・エックスが運営する「家計の時間」が、昨年11月22日の「いい夫婦の日」にちなんで、既婚女性を対象に、夫婦関係と家計にまつわるアンケートを実施した。

これによると、自分たちを「いい夫婦」と自負している女性は、約9割(すごく思う27%+まあまあ思う60%)という結果になっている。

とくに「友だち夫婦」タイプや「共働き夫婦」タイプが、「いい夫婦」を自覚しやすい傾向にあり、いわゆる一歩下がって夫を立てるような「亭主関白」タイプの割合がもっとも少ない。

「いい夫婦」と思える条件として上位に挙がっているのが、

「お互いを尊重し合える」(36%)
「助け合える」(29%)
「会話・コミュニケーションがある」(25%)

ということを考えると、パワーバランスが偏らず、フェアな関係性を築けているカップル=「いい夫婦」だと感じやすいのだろう。