収入が低いわけじゃないのに、気付いたら毎月赤字家計。ボーナスを頼りにカード払いをしていたら、まさかのボーナスカット。老後に備えた貯蓄どころじゃない──。家計再生コンサルタントの横山光昭氏がそんな家計の改善プランを提案。

新居田家の家計簿改善 BEFORE⇒AFTER [年収:1550万円]
家族構成●夫(52歳・空調設備会社経営)、妻(55歳・専業主婦)、子供2人は独立
年収●額面=1550万円/手取り=1244万円
ボーナス●夏=94万円/冬=94万円 相談時の貯蓄額●280万円 

会社を経営する夫は1500万円を超える年収があるのに、50代で貯蓄が280万円。少なすぎる。毎月88万円ある収入はすべて使い切り、それどころか赤字になることもしばしば。じつは新居田家の散財の元凶は妻だった。

ところが妻に聞くと「私は家事も頑張っているし、贅沢もしていないの」という。しかし、どう見ても上等な装いだ。いわゆる“老舗”とされる店でしか買い物をしないらしい。「信頼できるものしか怖くて買えない」という“本物志向”が強いようだ。

また「料理を作るのは大好き」とのことで、「家事を頑張っている」という言葉自体に嘘はなさそう。でも、最初の相談時の「食費」8万5000円は、ほぼ妻の分だけ。つまり厳選された食材、フルーツなど、ここでも本物志向を発揮していたのだ。

さらに、「教育費」に含まれるのは、フラワーアレンジメント教室代、料理教室代、ジム代などすべて妻のものばかり。そして妻が、そこで知り合った先生や友人の発表会や展示会にかかるお金(お祝いなど)は「娯楽費」に計上され、食事会のお金は「交際費」に、そしてタクシーで帰れば「交通費」に計上された。

つまり実態としては、家計からどんどんと妻の小遣いが引き出されていた形だ。

一方、夫は家計に無関心な仕事人間。月7万円の小遣いの範囲内でやり繰りしてきた。それどころか、妻がその小遣いの一部を使い込むことさえ常習化。こうした夫の家計への無関心さも、妻を野放しにする要因だった。

そんな新居田さんが家計相談に来たのは、さすがに貯蓄の少なさが気がかりだったから。しかし、削りどころ満載の家計簿を前にしても、一向にどうすればいいのかがわからない様子。つまり、一般には「浪費」と捉えられるものを、生活に必要な「消費」と考えていたからだろう。

そこで、対策を考えたいところだが、年収1500万円の人に対し、「年収500万の方のような生活をすればすぐにお金が貯まります」といっても実行するのは難しい。