共和党の大統領候補に指名されたドナルド・トランプ氏は、派手な発言やパフォーマンスで注目を集めている。しかし、テレビ向けのパフォーマンスの裏にいるトランプ氏は、一体どんな人なのだろうか。トランプ氏に会ったことがある数少ない日本人の1人、国際投資家の「ぐっちー」さんこと山口正洋さんに、ビジネスマンとしてのトランプ氏について聞いた。

緻密で優秀なビジネスマン、トランプ

単純かつ過激な発言で大衆をあおる、大統領候補としての今のドナルド・トランプ氏の姿と、私が出会った緻密で優秀なビジネスマンとしてのトランプ氏の姿は全く異なる。

私は1980年代から、ニューヨークの投資銀行モルガン・スタンレーで働いていたのだが、このころはちょうど、「ビジネスマン・トランプ」としての最初の絶頂期を迎えていた。ニューヨーク・マンハッタンの一等地、5番街にそびえ立つ58階建ての高層ビル、トランプタワーができたのが1983年。他にも次々と一等地に高層ビルを建て、まさに飛ぶ鳥を落とす勢いだった。それが、87年10月の「オクトーバークラッシュ」と呼ばれる株価暴落で最初の破綻を経験する。このとき、日本の投資家からの出資を求めて、私のところに相談にやってきたことから、仕事上の付き合いが始まった。

トランプタワー(写真=Aurimas Adomavicius)

彼の緻密さ、優秀さを表すポイントはいくつかある。まず学歴だ。名門のペンシルバニア大学の中でも特に難関のウォートン・スクールを出ている。ここは某アイビーリーグの有名校のように、コネでは入れない。これはトランプ氏は実は頭がいいということを表す有力な証拠の一つだ。

金融の世界では、相手から融資を引き出す力が、ビジネスマンとしての力を表す場合が多い。彼のビジネススタイルは、アメリカ人に多い「ヤマ師」タイプ。大きな借金をする一方でそれを元手に次から次へと事業へ投資をしてビジネスを回していく。トランプ氏の資産は400億ドルと言われるが、借金の額も大きく、その倍くらいはあるのではないだろうか。「金持ちか?」と問われば、資産よりも借金の方が多いので少なくともバフェットのような金持ちとは言えないし、プラスマイナスを考えるとそれは何とも言えない。しかし、綿密な事業計画や将来の見通しを語れないと、巨額のお金を借りることはできないので、それだけの金額を借りることができるということは、それだけの力があると言える。