ヒゲの若者に社会的信用はあるか

【菅井】本物のお金持ちは、「信用」を一番大事にしていますよ。財布、時計、背広、メガネ、カバン……。「自分に似合うか」「お洒落に見えるか」ではなく、「信用されるか」という視点で選んでいます。信用がないとお金も寄ってこないし、人も集まらないということを知っているんです。それは行動習慣についても言えること。無駄な消費をしない。人の悪口を言わない。自慢話をしない。矛盾したことをペラペラしゃべらない。

【藤川】「オレは有名人のあの人もこの人も知ってるぞ」と虚勢を張らない、とかね。大事ですよ。人を不快にさせることは言わず、いい物を長く使って、身なりを整える。最近では、特に若い方でヒゲを生やす人が増えていますが、よくないと思いますよ。少なくとも、私の知っている「まともな高収入の人」の中にヒゲを生やしている人はいません。不動産収入がたんまりある資産家などは例外です。彼らはすでに資産があるから、社会的信用をあまり気にしなくていいのでしょう。そういう人の中には、ヒゲをボーボーに生やした「世捨て人」みたいな人もいっぱいいます。ですが、中東のようにヒゲを伸ばすことが社会的ステータスになっている場合を除いて、どこの大統領もヒゲを伸ばしてヨレヨレの服を着たりしませんよ。「一国の長」って、考えてみたら一番信用が大切な職業じゃないですか。これからお金持ちになりたい人は、大統領を見て、「信用」を意識して生活してほしいですね。

画像を拡大
おふたりのベストセラー

【菅井】私もそう思います。人生には「資産形成期」と「資産運用期」があって、30代、40代は「資産形成期」にあたります。この時期は、銀行からお金を貸してもらったり、取引先に信用されたりしなきゃいけない。そんなときに、ヒゲを生やしてヨレヨレの格好をして、「私は真面目です。信用してください」って言ったって、それは無理な話ですよ。信用を獲得したいなら、まずは「清潔感」、そのあとで派手にならない程度の「高級感」を加えましょう。そうやって資産を形成して、資産を運用する段になったら何でも好きなことをしてください。

【藤川】お金は寂しがり屋だから、お金がたくさんあるところに集まる習性があります。だから、収入の面から見ても「信用」が一番大事。あと、お金は面倒見がいい人も大好きなので、収入に関係なく「甲斐甲斐しく世話をする人」はお金が貯まります。手取り300万円で年間150万円貯金している人なんかは、完全にこのタイプでしょうね。家計簿をつけて、財布の整理をしてください。今やれることを全部やって、まずはお金持ちになること。好きなことをするのは、そのあとでいいんです。

▼藤川太さんのベストセラー
『年収が上がらなくてもお金が増える生き方』(プレジデント社)
『サラリーマンは2度破産する』(朝日新聞社)
▼菅井敏之さんのベストセラー
『お金が貯まるのは、どっち!?』(アスコム)
『家族のお金が増えるのは、どっち!?』(アスコム)

藤川 太(ふじかわ・ふとし)
ファイナンシャルプランナー。「家計の見直し相談センター」で15年以上にわたり2万世帯を超える家計の見直しを行う。資産運用、家計管理、マイホーム購入、不動産投資などに精通。「普通の人」でもお金を貯める・増やせる方法をアドバイスしている。
菅井敏之(すがい・としゆき)
大学卒業後、三井銀行(現・三井住友銀行)に入行。支店長を経験したのち、銀行を退職。現在は起業してアパート経営を行い、年間に約7000万円の不動産収入がある。2012年には東京・田園調布にカフェ「SUGER COFFEE」をオープンした。