ともにマネー本のベストセラーを持つ、元銀行支店長の菅井敏之氏とファイナンシャルプランナーの藤川太氏がお金を増やす秘法を語り尽くす。

今、すべきは投資か節約か

【藤川太(以下、藤川)】私はファイナンシャルプランナーとして家計の相談を受けているのですが、景気の変動によって相談内容ははっきりと変わってきます。たとえば景気が悪い時期は、「お金が貯まらない」「やりくりに困った」「節約したい」という、「不景気型」の相談がほとんどです。いっぽう、今のように「景気がいい」とされる時期は、「投資をしたい」「家を売買したい」など、大きなお金を動かす「好景気型」の相談が多くなります。菅井さんも似たような変化を感じているんじゃないですか?

【菅井敏之(以下、菅井)】すごくよくわかりますよ。「アベノミクス」の影響で、「好景気っぽい空気」を感じてしまった人が多いのでしょう。私は銀行員を辞めて不動産投資家になったという経歴があるので、「不動産投資するにあたって、どうすれば自分もお金を借りられるだろうか」「不動産経営のノウハウを教えてほしい」といった、投資初心者からの相談が増えました。

【藤川】なるほど。でも、実はこの変化って、アベノミクスがはじまる前からなんですよ。長く家計の相談に乗っていて、景気が動きはじめる半年くらい前からお客様の相談の傾向が変わってくることに気づいたんです。今回私が「あれ、最近お客様の相談内容が違うな」と感じたのは、まさに民主党政権が終わって、自民党政権に替わろうというタイミングでした。そこを境に相談内容が変わってきて、自民党政権になってからは明確に「好景気型」の相談一色になったという感じです。

【菅井】すごく面白いですね。そう言われると、今の相談内容が気になっちゃうな。どうなんですか?

【藤川】節約系の相談は増えてきていないので、まだ景気は大丈夫なんだと思いますよ(笑)。でも、最近のお客様の発言を聞いていると、バブルの頃を思い出してちょっと心配になります。これまで慎重だった人まで、「全然株価が下がらないってことは、強気で投資するべきでしょうか!」と鼻息荒く言ってきたりして。今は、そういう人たちに「ちょっと一旦落ち着きましょう」と一生懸命水をかけている最中です。

【菅井】特に30代、40代のサラリーマンは、「退職金がもらえないかもしれない」「年金の支給時期がもっと遅くなるんじゃないだろうか」といった将来への不安を抱えていますから、その閉塞感から脱却したい気持ちが強いんですよね。だから、「老後に勤労所得以外の別収入を得たい」「収入を複数化したい」と感じて、不動産投資に興味を持つんです。ただ、都内の不動産価格はかなり高騰していて、表面利回りでいうと4~5%程度。普通のサラリーマンがうっかり手を出すと、大変なバブルをつかまされてしまう状態です。そこで、ちょっとでも不動産投資がわかっている人は、6~7%の表面利回りがある地方の中核都市の物件に注目しています。北海道なんかは今、投資家が入り乱れて大変なことになっていますよ。また、銀行も「プチバブル」なんて言われてお金を貸すことに躍起になっていますから、「借りてくれ」ってお客様を煽るんですよね。ただし、借りられるのは一部の信用のある人だけ。そこにいろんな銀行が集まって、そうでない人はまったく借りられないという一極集中です。

繰り上げ返済より借金したほうがいい

【藤川】私のところにも銀行から話がきましたよ。「ぜひとも借りてくれ」って(笑)。

【菅井】藤川さん、「選ばれた一部の人」ですよ。元銀行員として言うわけじゃないですが、ぜひ借りてください。

【藤川】たしかに。今はすごく低金利ですもんね。

【菅井】そうそう。それに、たとえ借金だとしても、絶対に手元に現金があったほうがいいんですよ。結局、倒産する会社はお金を借りすぎているわけじゃなく、手元に現金がなさすぎて倒産している。これは家計にも言えることで、多くの人は「金利がもったいない」と思って住宅ローンをガンガン繰り上げ返済するんですが、「借金もないけど預金もないAさん」と「借金が1000万円あるけど、預金も1000万円あるBさん」を比べた場合、人生を経営するうえで安全なのは明らかにBさんです。差し引きしたらどちらもゼロで、一見変わりないように見えると思います。でも、現金を持っていれば何かトラブルがあったときに銀行がお金を貸してくれるんです。

【藤川】まさに銀行員の考え方ですね。だけど、おっしゃる通りですよ。企業も家計も資産側と負債側のバランスがしっかりとれて、流動性が確保できていれば潰れませんからね。

【菅井】普通のサラリーマンだって、たまたま取引先が「今勤めている会社」というだけの「自分株式会社の社長なんだ」という意識を持つべきですよ。自分の人生を安定経営していくためには、いつでもお金を借りられる状態にしておかなくてはいけないんです。

【藤川】それなのに、「いい大学出て、いい会社に入ったんだからもう大丈夫」と安心してお金を成り行きまかせにしてしまう人が本当に多い!

【菅井】大丈夫なはずないんですよね。いい会社に入ってたくさん稼いだって、支出が多ければ誰にでも破綻する可能性はあるのに。

車、家、保険、教育どれを諦めるのか?

【藤川】私のところに駆け込んでくる人って、実は世帯年収800万~1500万円の高所得の人のほうが多いんです。今は裕福でも、このままの生活を続けたら、5年後、10年後に必ず破綻してしまうという人は、話すとすぐにわかります。彼らは将来的な見通しが甘いんですよ。「自分株式会社の社長」であるにもかかわらず、将来の売り上げ計画を立てて、そこに向けてどう投資していくか、支出を抑えるかという企業として当たり前の経営計画がまったくないから、貯金もない。

【菅井】人生を俯瞰で見ていないんですよね。だから、子どもが生まれたときから決まっている進学のタイミングで慌てたりする。なまじ収入が多いと気持ちも大きくなるから、「車」「家」「保険」「教育」のいわゆる「四大資産」も野放し状態。共働きだとなおさら気持ちが大きくなって、家計は中性脂肪で膨れあがったメタボ状態です。年収2000万円なのに貯金がない。だけど六本木に住んでいて、車はベンツで、子どもは幼稚園から私立。さらにマンションも買いたいとか言われると、呆れちゃいますよ。

【藤川】持ち家の夢が譲れないなら車を諦めたり、保険を見直したりするのが普通の会社の経営。お金には限りがあるからメリハリをつけなきゃいけないのに、全部手に入れようとするから……。

【菅井】お金の使い方も生活習慣病のひとつです。健康とお金ってよく似ていて、たとえばダイエットするときは、「先週より1kg減った」「先月より2kg減った」と記録を見直すことでモチベーションを上げますよね。お金も一緒で、家計簿をつけることで「今月の収支は3000円プラス。来月はタクシー代を半分にしてみよう」とか考えられるんです。

【藤川】そう考えると、私のお客様も2種類に分けられますね。家計がメタボになってから病院のように「助けて!」とやってくる人と、もっとお金持ちになるためにフィットネスクラブのように通ってくれる人。

【菅井】私たちの知識をフィットネスクラブ的に使ってくれる人がもっと増えるといいですね。そういう人が本物の「お金を貯められる人」であり、「お金を増やせる人」ですよ。

あなたの財布は「ブタ財布」ではないか

【藤川】あと、財布を見ればその人のお金に対する姿勢がわかります。相談に来た人の財布をたくさん見ていると、やっぱり関連性があるんです。

「お金が貯まる人」は長財布派が多くて、しかも綺麗に使っています。よく「金運を上げるためには3年で買い替えたほうがいい」なんて言いますが、迷信ですよ。10年以上同じ財布を使っている人もいますから。彼らに言わせると、「自分の使い方に合った財布がなかなか見つからなくて、同じものを使い続けている」らしいんです。お金を大事にしているからこそ、財布へのこだわりが強いんでしょうね。それに比べて、お金が貯まらない人の財布は整理ができていないことが多いです。僕はパンパンに膨らんだ財布を「ブタ財布」とか「メタボ財布」なんて呼んでいるんですが(笑)。

【菅井】私も経営しているコーヒーショップの店先に出て、いろいろな人の財布を見るので同じことを感じますよ。たしかに、財布にはその人のお金に対するリテラシーが出ますね。

【藤川】もちろん、財布がきちんとしていても家計が滅茶苦茶な人もいるし、2つ折りの財布を使っているお金持ちもいますよ。でも、2つ折りの財布を使うためにスキルが必要なのはたしかです。私の考える財布をダメにする原因は、大きく分けて3つ。「小銭」「カード」「レシート」です。これらを2つ折りの財布に無造作に突っ込んでいくと、すぐに「ブタ財布」になってしまいます。だから、お金の出入りが頻繁だという自覚のあるお金持ちは、自然と長財布を選ぶんです。また、財布を定期的に整理する人は、その過程で自分のお金の流れを把握できる可能性が高いので、「お金が貯まる」ということになります。

【菅井】財布を丁寧に使う人は、家計にも無駄がないんですよね。

【藤川】おっしゃる通り。ポイントカードなんかも、吟味して必要なものだけに絞りこんでいるんですよ。ブタ財布の人は全部突っ込んでいくだけ。だから、「カードは20枚くらい持っているはず」なんて言っていても、実際に財布から出してもらうと40枚あったりします。それで、「ちゃんとポイントを使ったことありますか?」と聞くと……。

【菅井】一度も使ったことがないんですよね(笑)。

【藤川】そのうち使うだろうと思って持ち歩くけど、お店が分散しちゃってるから最後までポイントが貯まったことがない。そのうえ、数が多いからレジに行ってもカードが見つからなくて、「もういいです」と言ってしまうんです。

【菅井】さらに、「お金が貯まる人」は、ブランド物の財布を使っていることが多いと思いませんか? 重要なのは、彼らは見栄でブランド物を持っているわけじゃないということ。「いい物を長く使いたい」と思って選ぶと、縫製がしっかりしていて型が崩れにくいブランド物にたどり着くんですよ。なぜ「いい物」かというと、銀行からお金を借りるときや仕事で取引先と会うときに、相手に「信用される」ということがいかに大切かを知っているからです。だからお金持ちは、財布に限らず「いい物」を身につけるんです。もちろん、必要もないのにコロコロ買い替えるのは単なる「浪費家」ですので、いい物を長く使うことが前提ですが。

【藤川】お金を稼ぐ才能だけが秀でている「成金」の人は、そこのところがわからず、持ち物も言動も派手に、派手にしてしまうんですよね。だから、どんなに稼いでいてもすぐに没落しちゃう。

ヒゲの若者に社会的信用はあるか

【菅井】本物のお金持ちは、「信用」を一番大事にしていますよ。財布、時計、背広、メガネ、カバン……。「自分に似合うか」「お洒落に見えるか」ではなく、「信用されるか」という視点で選んでいます。信用がないとお金も寄ってこないし、人も集まらないということを知っているんです。それは行動習慣についても言えること。無駄な消費をしない。人の悪口を言わない。自慢話をしない。矛盾したことをペラペラしゃべらない。

【藤川】「オレは有名人のあの人もこの人も知ってるぞ」と虚勢を張らない、とかね。大事ですよ。人を不快にさせることは言わず、いい物を長く使って、身なりを整える。最近では、特に若い方でヒゲを生やす人が増えていますが、よくないと思いますよ。少なくとも、私の知っている「まともな高収入の人」の中にヒゲを生やしている人はいません。不動産収入がたんまりある資産家などは例外です。彼らはすでに資産があるから、社会的信用をあまり気にしなくていいのでしょう。そういう人の中には、ヒゲをボーボーに生やした「世捨て人」みたいな人もいっぱいいます。ですが、中東のようにヒゲを伸ばすことが社会的ステータスになっている場合を除いて、どこの大統領もヒゲを伸ばしてヨレヨレの服を着たりしませんよ。「一国の長」って、考えてみたら一番信用が大切な職業じゃないですか。これからお金持ちになりたい人は、大統領を見て、「信用」を意識して生活してほしいですね。

【菅井】私もそう思います。人生には「資産形成期」と「資産運用期」があって、30代、40代は「資産形成期」にあたります。この時期は、銀行からお金を貸してもらったり、取引先に信用されたりしなきゃいけない。そんなときに、ヒゲを生やしてヨレヨレの格好をして、「私は真面目です。信用してください」って言ったって、それは無理な話ですよ。信用を獲得したいなら、まずは「清潔感」、そのあとで派手にならない程度の「高級感」を加えましょう。そうやって資産を形成して、資産を運用する段になったら何でも好きなことをしてください。

【藤川】お金は寂しがり屋だから、お金がたくさんあるところに集まる習性があります。だから、収入の面から見ても「信用」が一番大事。あと、お金は面倒見がいい人も大好きなので、収入に関係なく「甲斐甲斐しく世話をする人」はお金が貯まります。手取り300万円で年間150万円貯金している人なんかは、完全にこのタイプでしょうね。家計簿をつけて、財布の整理をしてください。今やれることを全部やって、まずはお金持ちになること。好きなことをするのは、そのあとでいいんです。

▼藤川太さんのベストセラー
『年収が上がらなくてもお金が増える生き方』(プレジデント社)
『サラリーマンは2度破産する』(朝日新聞社)
▼菅井敏之さんのベストセラー
『お金が貯まるのは、どっち!?』(アスコム)
『家族のお金が増えるのは、どっち!?』(アスコム)

藤川 太(ふじかわ・ふとし)
ファイナンシャルプランナー。「家計の見直し相談センター」で15年以上にわたり2万世帯を超える家計の見直しを行う。資産運用、家計管理、マイホーム購入、不動産投資などに精通。「普通の人」でもお金を貯める・増やせる方法をアドバイスしている。
菅井敏之(すがい・としゆき)
大学卒業後、三井銀行(現・三井住友銀行)に入行。支店長を経験したのち、銀行を退職。現在は起業してアパート経営を行い、年間に約7000万円の不動産収入がある。2012年には東京・田園調布にカフェ「SUGER COFFEE」をオープンした。