2015年12月26日(土)

2位は読書、1位は? 「大企業社長の趣味」ベスト10

PRESIDENT 2015年8月3日号

著者
Top Communication トップ・コミュニケーション

ビジネス分野を中心に、雑誌記事の執筆や単行本編集を手がけるフリーランス集団。特に経営者の著書で多く実績が認められている。

Top Communication=文 的野弘路(守安氏)=撮影 YUTAKA/アフロスポーツ(原田氏)、getty images=写真
1
nextpage
企業トップはオフをどう使うか。独自アンケートを実施。多くの社長がたしなむ“出世する趣味”から、驚きの“個性派趣味”までを大公開する。

社長は夫婦で趣味を楽しむ

ゴルフは経営者のたしなみか。社長の趣味の1位はゴルフで、2位の読書・散歩にダブルスコアの差をつける。

はじめたきっかけを聞いたところ、「健康のため」と「仕事のため」がほぼ半々。土日も取引先とラウンドする経営者も多く、趣味といっても仕事抜きとはいかないようだ。

なかには「上司に誘われて」クラブを手にした人も複数いる。仕事だけでなく、オフの時間も上司と過ごすことが出世にはプラスに働いてきたのだろう。

2位には読書と散歩がランクインした。読書は幼少期より習慣化しているという経営者も多くみられた。

表を拡大
「社長の趣味」アンケート調査結果

笹川スポーツ財団「スポーツライフ・データ2014」によると、散歩・ウオーキングは日本で競技人口が最も多いスポーツとされている。その数はなんと2000万人以上。散歩と回答した経営者の多くは健康維持を目的としているという声が聞かれた。一方で社長のなかには、愛犬を連れながら、あるいはカメラを携えてと、ほかの趣味と組み合わせてリラックスした時間をすごしている姿がみられた。

また、ある社長は散歩しながら「消費者のトレンドの変化を感じるようにしている」とコメント。歩いて気分転換しながらも、ビジネスのヒントを探す経営者ならではの楽しみ方をしていた。

今回の調査で、ユニークな趣味の1つが魚の調理。もともと魚が好物で、家でも美味しい魚が食べたいと思ったのがきっかけらしい。新鮮な魚を丸ごと1尾買ってきて、丁寧にさばく腕前はさすが。「三枚おろしも得意」という社長の晩ご飯をぜひいただいてみたいものだ。

意外と少数派だったのがテニス。30人中1人しかいなかった。ほかのスポーツに比べるとケガの多いことも影響しているのかもしれない。

趣味にかけるお金は1カ月3万円から5万円といったところ。趣味の中身とつき合わせてみるとゴルフをする人は5万円、映画鑑賞、芸術鑑賞、スポーツ観戦の場合は3万円が相場となっている。10万円程度の回答は4人。いずれもゴルフをしていて、運動系も芸術系もするというマルチに趣味をこなす人が高くなる傾向にあった。

PickUp