1
nextpage

プレジャーボートに自動車技術を盛り込む

「トヨタらしい船と言ったら、まず『Fun to Drive』ということで、走りの楽しさを徹底的に追究した。単にスピードが出るだけではなく、操縦安定性や乗り心地、操舵のレスポンスなどを非常に大切にした」

トヨタ自動車が発売した新型プレジャーボート「PONAM(ポーナム)31」。

トヨタ自動車は10月10日、新型プレジャーボート「PONAM(ポーナム)31」の発表会と試乗会を開催。冒頭挨拶に立った友山茂樹常務役員はこう話し、「ポーナム31はトヨタのボートづくりの集大成と言っても差し支えない」と強調した。

全長10.5メートル、全幅3.2メートルのそのボートには、トヨタが誇るオフロードカー「ランドクルーザープラド(海外向け)」のディーゼルエンジン2基(1基当たり260馬力)を搭載。最高速度は38ノット(時速約70キロ)とクラストップ級の速さを実現した。その一方で、低ミッション、低燃費、低振動、低騒音の実現を図り、高い強度を誇るアルミ合金を船体に採用することで、快適な乗り心地と高い耐久性を確保したという。

デザインについても、自社のカーデザイナーを起用し、カーデザインで採用している複雑な3D曲面の造形処理のノウハウを取り入れることで、立体的なフォルムと曲線美を追究した。

そのほか、離着岸操作を安全で簡単に行える「トヨタドライブアシスト」や、自動制御で船体の位置や方向を保持する「トヨタバーチャルアンカーシステム」など、操船支援システムに自動車技術を随所に盛り込んだ。

そして価格は、トヨタ得意のコストダウンを進め、2970万円と庶民には高嶺の花ながら同クラスのボートとしては低価格を実現した。「より多くのお客様に海での感動を届けたいと、海のパッセンジャーカーを目指した」(友山常務役員)ボートで、トヨタの自信作だ。

PickUp