2014年10月16日(木)

あなたの代わりにスマホが稼いでくれる「親指副業生活」

ふくぶく家計への全課題[3]

PRESIDENT 2013年5月13日号

著者
大宮 冬洋 おおみや・とうよう
フリーライター

大宮 冬洋1976年埼玉県生まれ。一橋大学法学部卒業後、ファーストリテイリング(ユニクロ)に就職。退職後、編集プロダクションを経て、2002年よりフリーライターに。ビジネス誌や料理誌などで幅広く活躍。著書に『私たち「ユニクロ154番店」で働いていました。』(ぱる出版)、共著に『30代未婚男』(生活人新書)などがある。実験くんの食生活ブログ http://syokulife.exblog.jp/

執筆記事一覧

大宮冬洋=文
1
nextpage
円安は、早くもガソリンなど物価を押し上げ始めた。「給料が上がるまで待てない!」というあなたに贈る、副収入で家計を守る方法。

1週間10万円の売り上げ達成

500万円。給与収入の額ではない。地方の自動車部品メーカーに勤務する細田明佑さん(49歳)が2010年に副業で得た売上金額だ。

細田さんの副業内容はわかりやすい。洋楽ロックのレコードを海外から安く仕入れて国内で高く売り、その差額を得ること。仕入れはeBay 、販売はヤフオク!(Yahoo!オークション)と、ネットオークションのみ。

入札や入金状況、顧客からのメールは会社の昼休みにスマホで見られる。オークションは金曜日に締め切るため、商品の梱包や発送作業は土日だけで終わる。そして、新たなレコードを出品する。これだけで本当に500万円もの売り上げになるのだろうか。

図を拡大
儲ける仕組み

「昔のレコードは骨董品のようにプレミアがつき、マニアの間で高額で売買されているものがあります。国内で2万円の値段がついているレコードを海外から1万円で購入し、1万5000円で販売できれば、僕は5000円の利益を得て、お客様にも喜んでもらえます」

きっかけは15年前、ウインドウズ98の発売によるネットの普及だった。長年の趣味でレコードを収集していた細田さんは、レコード情報を載せたホームページを作成して楽しみつつ、あわよくば販売につなげたりアフィリエイト(成果報酬型広告)収入を得ることを思いつく。

「結果は惨敗でした。個人のホームページからわざわざ購入する人なんて皆無。アクセス数も低迷してアフィリエイト収入もゼロに等しかったです」

一方で、レコード収集の趣味は過熱した。ネットで検索して海外の店やオークションサイトから格安で購入できるようになったことは、国内のレコード店を回って名盤を探し続けていた細田さんにとって、革命に等しい変化だったのだ。

自らもオークションサイトで売り出すことに決めたのは5年前。自宅の引っ越しに伴い、3万枚ほどのコレクションを整理することができた。ダブりなどで不要なレコードを処分するつもりでオークションに出品してみた。

「軽い気持ちだったので100円でスタートしたところ、どんどん値が上がって、1万円という予想外の高値で落札されました。正直、驚きましたよ」

時はリーマン・ショックのただなか。会社では派遣切りが行われ、細田さんの年収はボーナスカットなどで100万円も減った。年齢的にはリストラもありうる。専業主婦の妻と小学生の子どもを抱えて路頭に迷うわけにはいかない。

PickUp