2014年2月4日(火)

相場異変!「値上がりする町」お買い得ランキング

PRESIDENT 2013年4月15日号

著者
中川 寛子 なかがわ・ひろこ
住まいのカリスマアドバイザー

中川 寛子子供のころからの間取り図好きが高じて住まいに関わる雑誌、書籍、ネット記事などに30年近く携わる。著書に『「こんな家」に住んではいけない!』など。

執筆記事一覧

住まいと街の解説者 中川寛子=文 PIXTA=写真
1
nextpage
せっかく住宅を買うなら、資産価値が上がる町を選びたいもの。過去10年のデータと、今後の都市開発計画から、「これから値上がりする町」を予想する。

値上がりする町の要件とは

図を拡大
首都圏ランキング

住宅を購入するなら価値が下がらないことはもちろん、できれば値上がりする町を選びたい。

ここでは2002年に新築で分譲されたマンションの価格と、10年後の中古価格を比較、そこから値上がりした町、値下がりしにくい町をピックアップした。過去に値上がりした町に共通する要件が、今後、価格が落ちない町を考えるうえで参考になるはずだからである。一目見てわかる通り、上位にはその地域の中心地が並んだ。

「将来的に値下がりしにくい町には3つの要件があり、1つは人口集積性が高く、それらの人向けに施設、サービスが集中していること。2つ目は事業所の集積。そして、もう1つが交通の利便性。これには都心か、郊外かという意味での広域の利便性と、最寄り駅からの距離である狭域の利便性があり、いずれも便利なほうが有利」(東京カンテイ・中山登志朗氏)。

図を拡大
近畿ランキング

リセールバリューが100%を超える町では10年住んだ後に売却しても、購入時と同等またはそれ以上の価格で売れることになり、住居費だけで考えると10年間タダで住める計算に。

「買えるものなら都心に買うと値上がりが期待できます」

PickUp