よりよく働く、生きる、輝く! 女性の応援サイト

「産む」×「働く」

キャリア女性が直面する「不妊」というガラスの天井

PRESIDENT WOMAN Online 著者プロフィール
白河 桃子 しらかわ・とうこ
少子化ジャーナリスト、作家、相模女子大客員教授

白河 桃子少子化ジャーナリスト、作家、相模女子大客員教授、経産省「女性が輝く社会の在り方研究会」委員。
東京生まれ、慶応義塾大学文学部社会学専攻卒。婚活、妊活、女子など女性たちのキーワードについて発信する。山田昌弘中央大学教授とともに「婚活」を提唱。婚活ブームを起こす。女性のライフプラン、ライフスタイル、キャリア、男女共同参画、女性活用、不妊治療、ワークライフバランス、ダイバーシティなどがテーマ。「妊活バイブル」共著者、齊藤英和氏(国立成育医療研究センター少子化危機突破タスクフォース第二期座長)とともに、東大、慶応、早稲田などに「仕事、結婚、出産、学生のためのライフプランニング講座」をボランティア出張授業。講演、テレビ出演多数。学生向け無料オンライン講座「産むX働くの授業」(http://www.youtube.com/user/goninkatsu)も。著書に『女子と就活 20代からの「就・妊・婚」講座』『妊活バイブル 晩婚・少子化時代に生きる女のライフプランニング』『婚活症候群』、最新刊『「産む」と「働く」の教科書』など。

執筆記事一覧

少子化ジャーナリスト、作家、白百合、東京女子大非常勤講師 白河桃子
この連載の一覧

「妊娠適齢期」とは

このたび経産省の「女性が輝く社会の在り方研究会」の委員に就任させていただきました。多くの識者の方たちと提言をまとめていきます。

私は、「輝く」のは仕事だけでなく、結婚や子どもなどのライフを含めて考えたいと訴えています。

産んで活躍する女性リーダーの多くが「不妊治療」と「流産」の経験者であり、それも「仕事のためなら仕方がない」という現状のままでは、政府が言っている「2020年までに女性の役職者を30%に」という「質と量」は実現しません。

前回(『産みたい女性にとって、日本企業はみんなブラックである』 http://president.jp/articles/-/10651)も書いたように、多くの女性リーダーの候補者に向けたキャリアプラン研修は、「妊娠の適齢期」については曖昧なまま行われています。

ある研修では、「28歳から45歳の間のどこかに子育て期を入れ込む」という知恵を後輩女性に授ける方がいて、とても感銘を受けました。つまり「2、3年先のキャリアプラン」と言われても「まだ31歳だよね。妊娠は先で大丈夫」と思ってしまう。だから長いスパンでキャリアを考えてほしいということです。

しかし、45歳までのどこかに……という表現では非常に広い解釈になります。

なぜ、妊娠の適齢期に関して、率直に言及することは難しいのでしょう?

女性リーダーたちは「40代になってから出産」している人も少なくないし、40代から子どもを持つことを否定するわけではないからです。いくつであろうと、チャレンジする意味はあると思っています。

それに、研修などで表立って言えることには限界があります。その後、個別に話をする機会ができて初めて「不妊治療に苦労した」「流産も経験している」という話が出てきます。公式な「女性研修」とは別に、後輩を思う先輩女性たちの「非公式な知恵の伝達」があるわけです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Keywords: 妊娠出産不妊妊活
PRESIDENT WOMAN VOL.14
最新号 PRESIDENT WOMAN VOL.14 2016年6月号 一日で、ロジカルに話せる人になる ビジネスシーンでの「話し方」において、最も必要なことはなんだろう。そして、世の中の働く女性が苦手だと感じていることは? 今月のプレジデントウーマンは「論理的に話すこと」を目標に掲げます! これができれば、きっと悩みは解決するはずです。

今日の花個紋

陰巾着草

かげきんちゃくそう
個意ことば
【寛大】
花名
巾着草

花個紋は、四季折々の花を「紋」にあらわした “その日”を祝福するための「しるし」です。

© Digimom Workers ,Inc

星座×タロットカードで占う 今月の仕事運
監修/Rieko★