スッキリ目覚めて、自然と体が動きだす──。そんな理想の朝を迎えるには、体内時計をうまく調整してあげる必要がある。生活習慣を見直して、乱れがちな眠りのリズムを整えよう。

目覚めを変えるのは時間だけでなくリズムも

「休み明けの朝はだるくて、頭がまわらない……」

前日の疲れを引きずるように起きた経験がある人は、きっと多いはず。「朝のだるさが、仕事や家事のパフォーマンスの低下にもつながっている」という人もいるから深刻だ。

目覚めが辛いのは、体内時計と実際の生活サイクルという、2つのリズムがずれてしまっているから。本来このずれは目覚めてすぐに太陽を浴びたり、朝食を取るなどすることで自然と調整されていくが、忙しさにかまけて夜更かしをしたり、休日に朝寝坊をすると、海外旅行に出かけたときのように睡眠リズムが狂ってしまう。

今、こうした体内リズムのずれ「ソーシャル・ジェットラグ(社会的時差ぼけ)」に悩まされる現代人が増えている。大塚製薬の調査によると、働く女性の約5割が休日に寝だめをしており、ソーシャル・ジェットラグの起きやすい環境に身を置いていると考えられる。

その対策は寝だめや朝寝坊をせず、毎日の生活を規則正しく整えていくこと――。わかってはいるけれど、昼夜問わず動き続ける現代の生活において「早寝早起き」を実践するのは難しい。だからこそ、簡単に取り入れられるサポートアイテムが重要になる。

そこで役立つのが、睡眠のリズムに着目した大塚製薬の機能性表示食品「賢者の快眠 睡眠リズムサポート」。眠る前に飲む習慣を継続すると、眠りのリズムが整ってくる。いい目覚めを実感すれば、きっと朝からアクティブに活動できる。1日に差をつける理想の目覚めで、充実した毎日を手に入れよう。

読者が感じている理想の目覚め方と、そのギャップ

目覚まし前に気持ちよくパッと起きて、すぐに行動できるのが理想。実際には平日にゆっくりまとまった睡眠が取れず、いつも何となく寝不足感がある。だからつい休みに多めに寝てしまう。月曜日の朝はいつも以上に体がダルイ。(37歳、食品メーカーマーケティング)

起き抜けは頭が働かず、子どもたちを保育園に送り出しながらようやく動きだす感じ。休日も子どもたちに起こされる前にスッキリ目覚められるといいな。(34歳、漫画編集)

仕事が押して帰宅が遅くなり、気づけば寝るのは深夜に。起きても疲れを引きずりがち。前日の疲れはリセットし、新しい日を始めたい。(39歳、企画営業)

賢者の快眠公式サイト