1
nextpage

名門ハーバード大学の全学生の2割にあたる約1400人の学生が殺到したという講義がある。

講義名は、「ポジティブ心理学」。

これだけ聞くと、お気楽な前向き思考法のお題目だが、超一流講師による魅力的なコンテンツの講義が揃う同大学で2006年度の受講生数ダントツだった。

「ハーバードに入学する学生は世界各国のいずれ劣らぬ天才・秀才ですが、同大の中では半分以上の学生が格付け上、平均以下になってしまいます。彼らにとっては、それはかなりの屈辱で、恐らくは人生初の挫折。そんな彼らの救いとなったのが、さまざまな実践ワーク付きのこの講義なんです」

とは、伝説的なその講義を担当したタル・ベン・シャハー氏と親交のある翻訳家の成瀬まゆみ氏だ。

ハーバード大で講義をするシャハー氏(大和書房=写真提供)

シャハー氏はハーバード大学で哲学と心理学を学び、組織行動学で博士号を取得。心理学博士(組織行動論)の肩書を持ち、ポジティブ心理学による「幸せ」研究の第一人者ともいわれる。

今回、翻訳の本業の傍ら、そのポジティブ心理学を応用しつつ多くの人々に研修をしている成瀬氏に、シャハー氏がエリート大学生の心を癒やし、励ました「ハーバード式人生の指南」をプレジデントFamilyのためにアレンジしていただいた。

中学受験や習い事などで日々多くの課題に取り組む子供を持つ親にとっての最大の関心は、やはり、子供がしばしば直面する「学習意欲の減退」や「塾で落ちこぼれた」といった事態への対処法だろう。今の子は、競争に慣れておらず、ささいな失敗でも自信を失ってしまいがちだ。打たれ強い、タフな子供に育ってほしい、というのは親の共通した願いだろう。

何かとストレスが多いだろうわが子の感情を理解し、メンター・カウンセラーのような役割を演じるにはどうすればいいだろうか。

PickUp