2012年8月24日(金)

上位0.04%! 元CAの「セレブ流接客」 -女性トップセールス11人の「奥の手」見せます【3】ユニクロ

PRESIDENT 2010年6月14日号

著者
斎藤 栄一郎 さいとう・えいいちろう
翻訳家・ジャーナリスト

1965年生まれ。早大卒。主な訳書に『イーロン・マスク 未来を創る男』『ビッグデータの正体』『THINK LIKE ZUCK マーク・ザッカーバーグの思考法』『結局は上司との関係が9割以上』(以上講談社)、『マスタースイッチ「正しい独裁者」を模索するアメリカ』(飛鳥新社)。

執筆記事一覧

斎藤栄一郎=文 大沢尚芳=撮影
1
nextpage

「店長、ユニクロがめざすハイレベルのサービスってこんなものですか」

ユニクロ 渋谷道玄坂店
サービスアテンダント
藤本千秋

幼稚園教諭を経て世田谷千歳台店のスタッフに。その後CAを経験し、2010年春より現職。
(※雑誌掲載当時)

ユニクロ世田谷千歳台店で1カ月目の新人アルバイトが、こう質問して周囲を驚かせた。現在渋谷道玄坂店で接客とスタッフ教育を担うサービスアテンダントの藤本千秋さんだ。(※雑誌掲載当時)

短大卒業後、幼稚園の先生になったが、サービスの仕事がしたいと、航空会社の客室乗務員(CA)めざして退職。受験勉強の傍ら、ユニクロでアルバイトを始め、冒頭の“直訴”となる。

高校・短大時代はファストフード店でアルバイトの指導役を務め、競合店の店長から引き抜かれたことも。サービスを見る目は厳しい。

「世田谷千歳台店は高級住宅街に近いので、何回も来てもらうにはサービスが物足りないと感じたんです」

藤本さんの提案に、当時の店長は「だったら君にやってほしい」と、サービス指導係を命じた。新入りアルバイトが突然、指導係になるのだから周囲は戸惑う。

「とにかく接客で模範を示しました。お客様から指名が入り、お褒めの言葉をちょうだいするうちに、周囲に認めてもらえました」

やがてCAの試験に合格し、ユニクロを去る。「立ち居振る舞いなど、たくさん勉強できましたが、将来の自分を考えたとき、今とあまり変わらないだろう」と限界も感じていた。そこへ、渋谷に都心最大級の店舗がオープンするという話があり、「やりたいのはサービスの指導や企画」と悟り、ユニクロに舞い戻った。

藤本さんはすべての客に「いらっしゃいませ」ではなく、「こんにちは」と挨拶する。接客を求めている客かどうか見極め、必要と判断した客には声をかける。

「大切なのは、聞き上手になること。『今度旅行に行くんだ』といったお話を聞いていると、好みや趣味もわかります。女性ならネイルの話も多い。話し下手でも相手の意図を汲んで、的確な一言を出せれば売れます」

PickUp