2012年6月16日(土)

なぜ学力トップ層がランク下の学校を志望するようになったか【2】

偏差値70オーバーがローカル公立大学に殺到

プレジデントFamily 2012年1月号

プレジデントFamily編集部=文 宇佐見利明=写真
1
nextpage

就職力重視

授業はすべて英語4年で卒業できるのは全体の半分程度

地方の新設小規模大学か、都会の有名大学かと問われたら、多くの受験生は後者を選ぶはず。だが、2004年に秋田市郊外に設立された定員100人(当初)の国際教養大学に、今や日本全国から優秀な受験生が殺到している。

ごく一部の科目を除けば、授業はすべて英語による少人数教育。1年間の海外留学が卒業の条件となる。在学中の成績もシビアに評価され、4年で卒業できる学生は半数程度だ。「入ってしまえばほぼ自動的に卒業」といった、これまでの日本の大学とは正反対のコンセプトといえる。

そんな厳しさにも、この大学を志望する受験生はひるまないようだ。11年の一般入試の倍率は10倍以上(全日程合計)。人気に伴って定員も段階的に増やされ、12年入試では175人にまで拡大されたが、河合塾が試算した予想偏差値は67.5(A日程)と、11年よりさらに2.5アップ。

国公立・私立を含め国際系学部では難易度トップ、一橋の法学部や早稲田の法学部と並ぶ、文系最難関大のひとつになった。

なぜ、短期間にこれほどの人気を集めたのか。「今の問題は、社会に出たときに求められることと、大学でやっていることのギャップが大きすぎることです。とくに文系の学生は、今のカリキュラムの中でまじめに勉強しても、企業から評価されるポイントが残念ながらほとんどありません」と、森上教育研究所の森上氏は言う。

「ただ、高い英語力や異文化対応能力があれば話は別です。そこを認識している親御さんやお子さんは、社会で即戦力として働ける力を付けてくれる学校として、この大学に期待しているのだと思います」

実際、国際教養大学の就職率はほぼ100%。就職先リストには日本を代表する大企業がずらりと並ぶ。留年が就職であまりハンディにならないのも特長で、卒業証書を得るのが大変な分、それが一種の能力保証として企業に認められているのかもしれない。

PickUp