2012年3月7日(水)

転籍 -離婚歴を戸籍から完全に消すことは可能か

PRESIDENT 2012年3月19日号

1
nextpage

いまどき離婚経験者は珍しくないが、なかには、その事実を自分の人生から消し去りたいと考えている人もいるだろう。とくに再婚を考えている場合、離婚歴はマイナス材料になりかねない。

しかしなかったことにしたくても、戸籍には過去の婚姻関係が記載されている。戸籍から離婚歴を消して、人生を一からやり直すことはできないのか。

まず離婚の事実が戸籍にどのように記載されるのかを見ていこう。男女が結婚して婚姻届を出すと、一方が筆頭者、もう一方が配偶者になって夫婦の戸籍がつくられる。離婚すると配偶者は除籍され、名前の上に大きな×印がつけられる。名前自体を消すわけではないので、筆頭者の戸籍にはどこの誰といつ結婚したのかという記録が残ることになる。のちに再婚して離婚した場合も同じだ。離婚経験を俗にバツイチ、バツニと数えるのも、この×印に由来している。

除籍された配偶者は、原則的に結婚前の親の戸籍に戻ることになる。といっても戸籍が結婚前の状態に戻るわけではない。結婚して親の戸籍から抜けたとき、子である自分の名前には×印がつけられる。その記録は消えずに末尾に新たに名前が追加されるため、離婚して戻ってきたことが一目でわかってしまう。

配偶者は、離婚時に自分が筆頭者になって新戸籍を編製することも可能だ。この場合、戸籍に×印がつくような見た目の変化はない。これなら離婚した事実を隠せそうだが、戸籍に詳しい國部徹弁護士は次のように指摘する。

「身分関係に変化がなければ、普通は親の戸籍に入ったままです。にもかかわらず一人で新戸籍を編製するのはあまりないことで、結局は『離婚など何か事情があったのでは』と疑われてしまう」

これでは離婚歴が消えたと言えないし、そもそも筆頭者はこの手段を使えない。やはり離婚歴は一生背負っていかなければいけないのか。

じつは違和感なく戸籍謄本から離婚の事実を消す方法がある。それが転籍だ。

PickUp