企業のトップはスーツを何着持ち、いくらの靴を履いているか。ネクタイは、場面に応じてどのように使い分けているのか。業界大手10人の経営者に、めったに聞くことのできない質問をぶつけた。

●ご回答いただいた経営トップの方々
あいおいニッセイ同和損保・ジェーシービー・野村不動産投資顧問・野村HD・富士重工業・ベネッセHD・弁護士ドットコム・ボストン コンサルティング グループ・みずほFG・三菱電機(50音順)

ネクタイ:勝負も謝罪も「青」が一番人気

写真=PIXTA

▼勝負ネクタイの色は?
1位:青(3人)
1位:決めていない(3人)
2位:赤(2人)

▼謝罪時のネクタイの色は?
1位:決めていない(5人)
2位:青(4人)
3位:グリーン(1人)

重要な商談やプレゼンの際の“勝負ネクタイ”。最も多い回答は「青」。次に多いのは情熱の「赤」。一方、謝罪の場面では「決めていない」がトップだった。決めている人の中では青がトップ。いずれの場面でも冷静な印象を与える青が選ばれている。

スーツ:4割が20着以上を所有

写真=PIXTA

▼購入場所は?
1位:百貨店(5人)
1位:テーラー(4人)
2位:無回答(1人)

▼1着にかける予算は?
1位:20万~50万円(3人)
1位:10万~20万円(3人)
2位:5万~10万円(2人)
2位:決めていない(2人)

▼所持数は?
1位:20着以上(4人)
2位:10~20着(3人)
2位:5~10着(3人)

購入場所として最も多かったのは百貨店で、次点がスーツ専門のテーラー。1着の予算は10万~50万円が最も多かった。全員が5着以上を持ち、着回しをしている。なお、「誰のアドバイスを参考にするか」という問いには、4人が「妻」と回答。

靴:半数が5万円以内で購入

写真=PIXTA

▼予算は?
1位:決めていない(4人)
1位:1万~3万円(3人)
2位:3万~5万円(2人)

▼所持数は?
1位:20足以上(3人)
1位:10~20足(3人)
2位:5~10足(3人)

「おしゃれは足元から」。海外製の高価な靴を所有していると思いきや、5人が5万円以下と回答。所有数は10足以上が過半数を占めたが、中には3足という経営者も。定期的に磨くなど、手入れをすることに重きを置いているのかもしれない。