医師国家試験に強い大学
表を拡大
医師国家試験に強い大学

2010年春に行われた医師国家試験の受験者は8447人、合格者は7538人(合格率89.2%)。深刻な医師不足が伝えられているが、合格者は2009年より130人も減った。トップの滋賀医大は2009年5位、2位の順天堂大は同7位、3位の東京医科歯科大は同12位。ただし合格率90%台に30校が僅差でひしめいており、大学間の実力差は極めて小さい。資格取得のみを考えるなら、大学のブランドにこだわる必要はないかもしれない。

薬剤師国家試験に強い大学/歯科医師国家試験に強い大学
表を拡大
薬剤師国家試験に強い大学/歯科医師国家試験に強い大学

一方、歯科医はランキング上位校と下位校の合格率にかなりの開きがある。トップ10のうち、3位の東京歯科大以外はすべて国公立という点に注目したい。

薬剤師試験のランキングには若干の説明が必要だ。どこも合格者数が例年の2~3割と極端に少ないが、これは薬科大の修了年限が現行の4年制から6年制に延びる移行期にあるため。2010年と2011年年は新卒者が出ない。にもかかわらず125人の合格者を出した千葉科学大学に聞いた。「内訳は、2009年までの卒業生が116人、留年者が9人。6年制の第一期生はいま5年生で、2012年に新制度の試験を受ける」。2010年の順位はあくまでも参考程度と考えたい。