外国語大はどこが年収が多いか/公立大はどこが年収が多いか看護師国家試験に強い大学
外国語大はどこが年収が多いか/公立大はどこが年収が多いか看護師国家試験に強い大学

卒業生の就職先の年収から“稼げる大学”を調査した。

理工系でトップの会津大は、コンピュータ理工学部だけの単科大学。「本校の強みはコンピュータの基礎を徹底的に学ばせ、応用力のある人材を育てていること。英語教育にも力を入れており、卒業論文はすべて英語で書かせている」(兼本茂学生部長)。

理工系大学はどこが年収が多いか/女子大はどこが年収が多いか
表を拡大
理工系大学はどこが年収が多いか/女子大はどこが年収が多いか

女子大の1位は聖心女子大。2009年の就職率は96%を誇る。「女性の自立を建学の精神としており、社会に貢献できる人材の育成を行ってきた。1位の理由があるとすれば、建学の精神を守ってきた成果だろう」と佐久間勝彦副学長は話す。公立大のトップは国際教養大。1年間の海外留学を課している。源島福己キャリア開発センター長は「その1年で学生は人間として大きく成長する。語学力とコミュニケーション能力がある本校の学生に対する企業の評価は高い」と自負する。

外国語大で首位の東京外国語大は例年、マスコミへ就職する学生が多い。「卒業生が在校生のためにマスコミ塾を開いてくれるなど、いい伝統が受け継がれている」(関仁チーフ・キャリアアドバイザー)。