他人はどうでもいい。自分が認める価値だけを信じる

前回は、ある興味深い調査(注*)で二者択一の選択肢があったとき、「年収の高さ」「身体的魅力」「IQの高さ」「学歴の高さ」などほとんどの項目について人は「絶対値(自分自信の基準)で選ぶ」のではなく「自分が(他者との比較などによって)相対的に高いほうを選ぶ」という傾向がある、というお話をしました。

例えば、

A:自分は収入が5万ドルで他のすべての人は収入が2万5000ドルの世界
B:自分は収入が10万ドルで他のすべての人は収入が20万ドルの世界

どちらを選択するかと問われれば、人より自分が多いAと答える人が多数派となったわけです。

ところが、この調査結果で「休暇」については傾向が全く違っていました。

▼1と2のどちらかの世界に住むとしてあなたはどちらを選びますか?
1. 自分は2週間の休暇で他のすべての人は1週間の休暇の世界
2. 自分は4週間の休暇で他のすべての人は8週間の休暇の世界

という質問に対しては18%の人しか1(自分が相対的に高い)を選ばず、大半の人は他者より休暇期間の短い2を選択しました。休暇に関しては相対的な量よりも、絶対的な量のほうが選ばれたのです。

(注*)サラ・ソルニック(バーモント大学経済学部アソシエイトプロフェッサー)とデビッド・ヘメンウェイ(ハーバード大学公衆衛生大学院教授)が、ハーバード大学の学生と職員に質問した(調査の詳細は、http://president.jp/articles/-/20185)。

「収入」はとにかく人より多いことが好まれました。一方、「休暇」に関しては自分が納得できる期間であれば、他人が自分より長い期間でも関係ない。

この結果が暗示することは、「正しいお金の使い方」です。