2016年3月20日(日)

ショーンK系「ホラッチョ疑惑男子」の共通点6

辛酸なめ子の「人生マトリョーシカ」

PRESIDENT Online スペシャル

1
nextpage

「ショーンK」系のホラッチョビジネスマンは多い!

「4月からどうやって生きていけばいいですかね」

と、事務所の人に言ったという、ショーンKさん。あのハスキーな声でこのセリフを発したと思うと切ないです。彼はきっと悪い人ではありません。芸能人なんてみんな程度の差はあっても嘘の自分を演じているもの。彼の嘘で迷惑をこうむった番組関係の人は大変だと思いますが、(私を含め)多くの人はこの騒動に目を輝かせ、「ホラッチョ川上」というあだ名で盛り上がり、楽しんでいる……。

ショーンKさんはもはやフィクション、小説のように大衆の娯楽となり消費されようとしているのです。

ショーンKさんの騒動で、これまで会ったホラッチョ男子(疑惑を含め)数人の顔がよぎります。ショーン男子、もしくはホラッチョ男子、ネーミングに迷うところですが、彼らの特徴を挙げてみます。

特徴1【自分の経歴をやたら流暢に話す】
眉間のしわに薄幸感が……

「週刊文春」編集部を訪れて2時間、自分について語ったというショーンKさん。テンプル大学に入って、フィラデルフィアに行き、お付き合いをしていた女性がフランス人だったので学ぶならヨーロッパだと思った、など……。いつでも、ひとり「情熱大陸」のスイッチが入って自分語りができるのがホラッチョ男子の特徴です。

10数年以上前に仕事で知り合った芸能人マネージャーのN氏(私の中でホラッチョキング)の半生記を聞かされた時のことを思い出します。

N氏はこのように、とめどなく語っていました。

「中学のときハワイに3年留学し、カリフォルニア州立大学で学んで、飛び級で3年で卒業。小学校のとき祖父に買ってもらった株で5000万円儲かったので、学生時代に起業してたちまち年収が2億円になりました。中学時代はアメリカでグロリア・エステファンのバックヤードスタッフをやっていて、そこから舞台監督に抜擢。デュランデュランのボーカルのマネージャーもやっていました」

海外の話などすぐに確かめようがなく、一瞬本当にすごい人だと洗脳されかけます。ショーンさんも中学時代アメリカでアルバイトした話などしていたそうですが、男のロマン的なアメリカンドリームの幻想が根強くあるのかもしれません。

PickUp