1億円を稼ぐ男は結婚相手としてどんな女性を選ぶのか。富裕層研究のパイオニアが「カネ持ちの妻」に光をあてる。そこには「セレブ妻」の言葉からは想像できないような妻像が浮かび上がった。

--調査概要------
「日本の富裕層妻」についてのアンケートを高額納税者名簿に記載されている年間納税額3000万円以上(年収約1億円以上)の該当者のうち、1000名に送付し、118通(有効回答数は108、有効回答率10.8%)の回答を得た。平均年齢は夫63.1歳、妻59.3歳。

学歴は同程度か、やや下方婚

戦後日本のお金持ちの変遷は、3区分に分けられます。1960年代の高所得者の上位は松下、本田、住友、石橋などで、いわばオーナー経営者の時代です。

68年から69年に土地税制改正があり、ここから土地長者成金の時代が90年の初頭まで続きます。69年には年収1億円以上の高所得者の数が前年比10倍になっています。

それが90年の後半になって状況が変わってくる。IT長者が生まれ、美容整形外科医、健康産業経営者などお金持ちも多種多様になっていきます。不況が長く続いた影響で、パチンコ業界、消費者金融など、不況期に流行る業種からも高額納税者リストに顔を出すようになりました。

全国高額納税者番付によると、現在日本では1億円以上の年収を稼ぐお金持ちが約9000人います。今回は彼らの妻の姿からお金持ちの生態を探るべく、調査研究を行いました。

お金持ちの妻といえば、「玉の輿にのった美人」を想像しがちですが、調査の結果は、そのような定説を全く裏切るものでした。まず高所得者の夫婦の学歴を見てみると、大卒(文系)の男性の多くは、大卒(文系)の女性と結婚していて、この組み合わせが全体の約2割を占めます。現在55~64歳の女性で大学を出ているのは約1割ですから、お金持ちの妻の学歴は同世代と比べて高いといえます。

「カネ持ちの妻」が持つ武器(1)

次に多いのが短大・高専卒の女性です。「下方婚」、つまり男性は自分より下の学歴の女性と結婚するという仮説がありますが、お金持ち妻の場合、学歴でいえば同程度かやや下方ぐらいが成り立つという結果です。

また学歴だけでなく、お金持ちの妻たちが育った経済階層にも特徴があります。

妻の父親の学歴は非常に高く、大卒者が41.8%を占めている。父親の年齢(推定90歳)を考えると、大卒の父親を持つということは、かなり高学歴な一家の出身ということです。