2016年1月3日(日)

「やるかやらぬかだ。『やってみる』などない」スター・ウォーズのセリフに学ぶ「超生き方」

儲かる英語AtoZ【1】

PRESIDENT Online スペシャル

著者
佐々木 真 ささき・しん
英語学習の情報ポータルサイト『English Hacker』編集長

1987年生まれ。国際基督教大学卒。熊本県出身。国際基督教大学にて言語教育学を専攻し、SLA(第二言語習得論)の知見から日本人にとって最適な英語学習法を研究。そこから自分自身を実験台に効果的な英語学習法を実践し、語学留学を一切せず独学のみでTOEIC950点を獲得(元のスコアは500点台)。自分自身が英語習得に苦労した経験を元に、科学的に正しい英語習得法を広めることを目的とし『English Hacker』(http://english-hacker.jp/)を立ち上げる。現在は月間60万PVを超え、日本最大の英語学習メディアとなる。また、ライターとしてプレジデント・オンラインやTHE21オンラインなどでの記事の執筆やインタビューのほか、日本経済新聞社が提供するスマートフォンアプリで英語学習キュレーターとして活動。また、英語学習コンサルタントとして英語学習で伸び悩む人への指導や情報発信をしている。

「English Hacker」編集長 佐々木真=文
1
nextpage

「スター・ウォーズ」のセリフは人生の指針

連日大入りとなっているシリーズ最新作『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』。これから見るという人も、もう見たという人も、過去の作品を一気に“おさらい”するのはおすすめです(私は実践済み)。

SWで英語の勉強(『ENGLISH JOURNAL』(アルク発行))

スター・ウォーズの魅力はストーリー(ジェダイやシスの暗黒卿などが織りなす人間ドラマなど)やアクションはもちろんですが、登場人物のセリフがとてもクールである点も見逃せません。

仕事や人生の選択をする時に役立つような金言がたくさん登場します。人を勇気づけ、奮い立たせてくれる英語の名言を味わうのもスター・ウォーズの楽しみ方でしょう。

そこで今回は、最新作を含むスター・ウォーズ全作品の中から、英語学習に役立つだけでなく、人生の指針にもなりうる格言・名言を全ての作品を改めて観賞し直した私がピックアップしました。

(1)するべきことに集中する! 「ジェダイの教え」編

まず、ライトセーバーの使い手で、いくつもの名言を残しているジェダイの教えについて、見ていきましょう。ビジネスの世界でも、「今するべきことに集中すること」がカギなのだと、学びの多い名言です。

 
May the force be with you
「フォースと共にあれ」

誰でも一度は耳にしたことがある定番フレーズです。ジェダイが去り際に相手へ送る言葉です。英語で言う”Good luck.(幸運を)”に近い使われ方をしています。これから自分のするべきことに集中するという、ジェダイらしい相手への気遣いが見えます。

簡単に文の構造を解説すると、助動詞Mayは「~かもしれない」という意味ではなく、「~でありますように」という、祈りに近い意味になります。be with youで「共にある」ですね。forceは「力」と訳されることが多いですが、スター・ウォーズではそのまま「フォース」となります。

Always,remember,your focus determines your reality.
「常に忘れるな、意識を集中させたことが現実になるんだ」

ジェダイになんてなれっこない……そう弱気になっていたアナキン・スカイウォーカーに対して、ジェダイ・マスターであるクワイ=ガン・ジンが言った言葉です。現実は、常に自分の意識によって作られる。それが、ジェダイの教えなのです。

これは現実世界でも通じるものがあるのではないでしょうか。今に集中すること、そして自分があるべき姿を描いてそれに向けて努力することが、理想を現実にする方法なのでしょう。

仕事をしていても、大事な会議やプレゼンなど「勝負どころ」があります。そんな時も、余計な不安に押しつぶされそうになったら、この言葉を思い出せば、乗り切れるような気がします。

PickUp