2015年12月30日(水)

「親の介護をするときは親の金で」行列ができるFP対談

ビンボー老後の盲点トップ3:親の介護

PRESIDENT 2014年10月13日号

小澤啓司=構成 小原孝博=撮影
1
nextpage
いつまで働けるか、病気にならないか、年金はいくらもらえるか……、年をとるたびに不安になるが、今からできることはあるのか。人気ファイナンシャルプランナーの2人が、「老後の金」をテーマに語る。

介護するときは親の金で

――親の介護で自分の老後プランに狂いが生じるケースもあります。

【横山】ポイントは、そうした事態が一時的なものなのか、継続的なものなのかです。

一時的なものであれば、場合によっては貯蓄を切り崩して乗り切るのもやむをえません。一方、ある程度の継続性が見込まれる場合は、やはり関係するご家族・ご親族で事前に話し合っていただかないと、解決の糸口が見つかりません。

仕事をしながら、家事も、介護もとなると、想像を絶する負担を強いられます。そうなると、どうしてもお金を使って解決・カバーせざるをえない部分もでてきます。つまり、通常の家計のラインを越えて対処しなければならないわけです。

【藤川】介護を必要としている親御さん世代は、今の若い世代よりも圧倒的にお金を持っています。ですから、介護費用は親御さんの年金や貯蓄から引き出すというケースが多い。子供世代の所得は親世代に比べ減っていますから、親の介護で子供が負担するのはお金ではなく、労働力です。

ところが、子供世帯は所得が低いので共働き率が高い。親の介護に労働力を提供すると、結果として、たとえば奥さんが仕事を辞めなければならなくなり、家計の収入が減る。そのダメージが大きいんです。

(左)家計再生コンサルタント、マイエフピー代表取締役、ファイナンシャルプランナー 横山光昭氏(右)家計の見直し相談センター代表、ファイナンシャルプランナー、CFP認定者、宅地建物取引主任者 藤川太氏

【横山】それから、親の介護をする場合、誰のお金を、何にいくら使ったか記録しておかないと、相続時にトラブルに発展するケースもありますね。

【藤川】たしかに。ご主人の親御さんが亡くなった場合、奥さんには相続権がありません。奥さんが献身的に介護をしたり、お金を出して介護費用に充てたりしていたとしても、それが寄与分として通用せず、遺産を多めにもらえないケースが多々あります。

ですから、介護にかかるお金は徹底的に親のお金を使ってください。そして、記録をきちんと残すことです。

【横山】介護にかかわっていなかったほかの兄弟姉妹が、いざ相続となると、金額の減りが激しい親の預金通帳を見つけて「これは一体どういうこと?」などと、詰め寄ってきたりすることもあります。親の介護を一身に引き受けてくれた恩も忘れ、「あなたたちの生活費に使ったんでしょ?」とまで言われかねません。それだけお金の記録は大切です。

PickUp