よりよく働く、生きる、輝く! 女性の応援サイト

「産む」×「働く」

「マタハラ」の加害者は男女問わず

PRESIDENT WOMAN Online 著者プロフィール
白河 桃子 しらかわ・とうこ
少子化ジャーナリスト、作家、相模女子大客員教授

白河 桃子少子化ジャーナリスト、作家、相模女子大客員教授、経産省「女性が輝く社会の在り方研究会」委員。
東京生まれ、慶応義塾大学文学部社会学専攻卒。婚活、妊活、女子など女性たちのキーワードについて発信する。山田昌弘中央大学教授とともに「婚活」を提唱。婚活ブームを起こす。女性のライフプラン、ライフスタイル、キャリア、男女共同参画、女性活用、不妊治療、ワークライフバランス、ダイバーシティなどがテーマ。「妊活バイブル」共著者、齊藤英和氏(国立成育医療研究センター少子化危機突破タスクフォース第二期座長)とともに、東大、慶応、早稲田などに「仕事、結婚、出産、学生のためのライフプランニング講座」をボランティア出張授業。講演、テレビ出演多数。学生向け無料オンライン講座「産むX働くの授業」(http://www.youtube.com/user/goninkatsu)も。著書に『女子と就活 20代からの「就・妊・婚」講座』『妊活バイブル 晩婚・少子化時代に生きる女のライフプランニング』『婚活症候群』、最新刊『「産む」と「働く」の教科書』など。

執筆記事一覧

少子化ジャーナリスト、作家、相模女子大客員教授 白河桃子 撮影=向井渉
この連載の一覧

マタハラの温床は長時間労働

2015年版マタハラ白書(マタハラNet2015年)によると、マタハラを受けたときの労働時間は「残業が当たり前で8時間以上の勤務が多い」38%、「深夜に及ぶ残業が多い働き方」6%で、計44%が長時間労働でした。

また有休についても「毎年1~2日しか取得できなかった」、22%「一度も取得したことがない」20%で、計42%が「有休取得がままならない」職場にいたことがわかります。

つまり「社員全員が辛い長時間労働、低い有休取得率」の職場では「マタハラ」が起こりやすくなるということです。

職場の人たち全員が「辛くても休めない」「長時間で疲れている」状況。そこに「妊娠」や「子育て」を理由に「配慮」される人が出てくる。妊娠した人は配慮されるべき、子どもが産まれるのは喜ばしいことだし、育休を取得して復帰する人たちは、快く迎えたい。理屈ではわかっていることですが、周りの人たちに「事情があって24時間働けない人もいる。人間なのだから体調の悪い時もある」という多様性を受け入れる余裕がないのです。

周りの雰囲気は「応援」どころか、「人が足りなくなって、しわ寄せがくる」「なぜ妊娠したからといって、あの人だけが配慮されるのか?」「私だって具合の悪いときも無理して出てきているのに……」となってしまう構図です。

「マタハラを防ぐために研修しよう」ということだけではすまされない。職場の働く人たちの環境自体を変えていく必要がある。それはマタハラ白書によって明確になりました。

マタハラを訴える被害者は時に「女性の権利だけを主張している」「会社のことを考えろ」と批判されますが、マタハラ被害者は炭鉱のカナリアのような存在。マタハラが起きやすい職場では、人間らしく働くことが許されない環境があります。

この白書はマタハラNetが行ったマタハラ被害にあったことがある女性186人へのインターネット調査(2015年1月)によって作成されたものです。

マタハラは、非正規社員や、制度の整っていない中小企業に起こりやすいと思っていたのですが、回答者の属性を見ると正社員が70%でした。また東証一部上場企業も全体の19%をしめていました。

そしてマタハラの加害者は「男女問わない」という結果も明らかになりました。

このエントリーをはてなブックマークに追加
PRESIDENT WOMAN VOL.16
最新号 PRESIDENT WOMAN VOL.16 2016年8月号 うまい!書き方 ときにはわかりやすくシンプルに、ときには感情をのせて、相手に伝わる心を揺さぶるような文章が書けたら、毎日の仕事は大きく変わるはず。お礼状、挨拶状、依頼状、おわび状などの手紙から日々のメールやツイッター、フェイスブックまで、文章を書く機会がますます増えています。もっと、うまく書きたい。そう願うすべての方にこの特集をお届けします。
星座×タロットカードで占う 今月の仕事運
監修/Rieko★