よりよく働く、生きる、輝く! 女性の応援サイト

「産む」×「働く」

子育て世代に理解のない上司とどう付き合うか

PRESIDENT WOMAN Online 著者プロフィール
白河 桃子 しらかわ・とうこ
少子化ジャーナリスト、作家、相模女子大客員教授

白河 桃子少子化ジャーナリスト、作家、相模女子大客員教授、経産省「女性が輝く社会の在り方研究会」委員。
東京生まれ、慶応義塾大学文学部社会学専攻卒。婚活、妊活、女子など女性たちのキーワードについて発信する。山田昌弘中央大学教授とともに「婚活」を提唱。婚活ブームを起こす。女性のライフプラン、ライフスタイル、キャリア、男女共同参画、女性活用、不妊治療、ワークライフバランス、ダイバーシティなどがテーマ。「妊活バイブル」共著者、齊藤英和氏(国立成育医療研究センター少子化危機突破タスクフォース第二期座長)とともに、東大、慶応、早稲田などに「仕事、結婚、出産、学生のためのライフプランニング講座」をボランティア出張授業。講演、テレビ出演多数。学生向け無料オンライン講座「産むX働くの授業」(http://www.youtube.com/user/goninkatsu)も。著書に『女子と就活 20代からの「就・妊・婚」講座』『妊活バイブル 晩婚・少子化時代に生きる女のライフプランニング』『婚活症候群』、最新刊『「産む」と「働く」の教科書』など。

執筆記事一覧

少子化ジャーナリスト、作家、昭和女子大女性文化研究所特別研究員、大学講師 白河桃子
この連載の一覧

未だにある! こんなひどい例

「子どもを産んだ女がどこまでやれるか、見ててやるよ」

これは13年以上前、ある女性が育休から復帰した後、上司に言われた言葉です。ひどい! と思いますか? まさか! と思いますか?

実は今でも、こんな上司はたくさんいます。

安藤哲也さん(ファザーリングジャパンファウンダー)によると、妊娠を告げたら「え、妊娠したの? まいったなぁ」(これって立派なマタハラ(マタニティハラスメント)ですよー)。

男性が育休を取ろうとしたら「前例がない」(前例がないことは絶対にやらない。これが会社の処世術。だって責任とれないもん……)といった例があるのだそう。

そのほかにも、1カ月のうちに2回子どものインフルエンザで休んだら「管理の甘さだよ。子どもは強く育てないとダメだ」(いやいや、子どもの病気は根性論じゃないから……)。

共働きの妻が出張中、子どもの病気で休もうとしたら、「そんなの女房にやらせればいいだろう? 出張中? お前、女房の選び方間違えたな」(いやいや、この奥さんのおかげで、うちの家系はあなたの年収の2倍です)などなど。

まあ、こんな話はよくあるわけです。これは3月12日に行われたファザーリングジャパン(FJ)の「イクボスプロジェクトキックオフイベント」で発表された事例です。

このエントリーをはてなブックマークに追加
PRESIDENT WOMAN VOL.16
最新号 PRESIDENT WOMAN VOL.16 2016年8月号 うまい!書き方 ときにはわかりやすくシンプルに、ときには感情をのせて、相手に伝わる心を揺さぶるような文章が書けたら、毎日の仕事は大きく変わるはず。お礼状、挨拶状、依頼状、おわび状などの手紙から日々のメールやツイッター、フェイスブックまで、文章を書く機会がますます増えています。もっと、うまく書きたい。そう願うすべての方にこの特集をお届けします。
星座×タロットカードで占う 今月の仕事運
監修/Rieko★