2015年4月8日(水)

独立失敗は地獄をみる。40歳以上は会社にしがみつけ!

あなたの「学歴」を教えてもらえませんか?【15】零細企業コンサルタント

PRESIDENT Online スペシャル

1
nextpage

自称「弱小零細企業のドラッカー」

「二流や三流の会社員は、あのランキングを見て、自分を慰めているのかもしれないですね。“俺は○○大卒で、4位じゃないか。まだ、イケるよ”と……。実は、出世競争で負けつつあるのに。

企業コンサルタントの栢野克己(かやの・かつみ)氏。

あの企画は、学歴は立派だけど、出世コースから外れた人たちがメインターゲットなのかな。そんな人たちが喜びそうな企画じゃない? あんなものを読んで満足している限り、一流になるのは難しいと思う。ましてや、独立はもっと難しいよ」

零細企業コンサルタントの栢野克己(かやの・かつみ)氏(56)が、ビジネス雑誌などの企画「大学別社長・役員ランキング」への思いを語る。仕事柄、経済・経営関連のメディアには目をよく通すようだ。

自称「弱小零細企業のドラッカー」として九州・福岡を拠点に、主に個人事業主や中小・零細企業の経営者を対象にした講演を全国各地で続ける。「どんな田舎でも行きます!」を信条とし、地方の隅々の町にも行く。東南アジアにまで足を運ぶこともある。インド、タイ、ベトナム、香港、上海などでも講演をしてきた。

講演はこの10年で毎年、平均100回前後。1回につき、講演料は10万円弱。そのほかに、本の印税や、主催する講演会での模様を収録したDVD・ビデオなどの販売収入を含めると、多い年には売り上げ2000万円前後になるという。

全国各地から講演の依頼が次々と続く理由の1つが、豊富な成功事例だ。20数年の間に中小零細企業の経営者や会社員、自営業者などを取材したり、相談を受けたりすることで見聞きした成功事例や、その基本原則を情熱的に伝えていく。ときには、趣味である少林寺拳法のポーズをみせて、笑いをとる。

「私もいくつもの会社を転々としたり、いざ独立したものの、一時は上手くいかなかったりと波乱万丈だった。振り返ると、好き勝手なことをしてきたからね(苦笑)。個人経営や弱小零細企業の皆さんには、参考になる話はさせていただけると思います」

1982年に立命館大学経営学部を卒業した。就職活動のときは、ある程度の自信を持っていたという。

「立命館は、同志社よりは難易度が低かった。今よりも、双方の差は大きかった。それでも、有名大学のギリギリのところだから、なんとかなると思っていた」

PickUp