2015年2月22日(日)

14歳で名門大学に入学! 天才少年のつくられ方

プレジデントFamily 2015年冬号

山田清機=文 市来朋久=撮影(プロフィール写真)
1
nextpage
「神様からギフトされた才能を持つ者は、その力を社会に貢献しなければならない」。そんな趣旨を持つ、カナダのギフティッド制度。日本人の男の子、大川翔君はその制度で学んだ。大川家の子育てって、どんなだったのだろう。

ギフティッド――。

カナダには、いわゆる天才児を政府が認定し登録する制度があり、登録された子供のことを「ギフティッド」と呼ぶ。日本語の「天才児」には「異常に頭がいい子供」というニュアンスがあるが、カナダでいう「ギフティッド」はいささか趣を異にする。後に詳しく説明するが、ギフティッドは単に学力が高いだけの子供に与えられる称号ではない。

大川 翔
1999年生まれ。5歳で両親の仕事の関係でカナダへ。9歳でカナダ政府にギフティッド認定される。12歳で中学を飛び級して高校に入学。14歳で高校卒業。カナダの名門大学5校に奨学金付きで合格。2014年9月、ブリティッシュ・コロンビア大学サイエンス学部入学。

2014年春、大川翔君という日本人のギフティッドがカナダのメディアを騒然とさせる快挙を成し遂げた。9歳でギフティッドに認定された翔君は、12歳のとき飛び級をしてトーマス・ヘイニー高校に入学。そして、実に14歳にしてカナダの名門大学5校に合格してしまったのである。しかも奨学金やアワード(賞金)付きで……。

翔君が合格した大学はマギル大学、ブリティッシュ・コロンビア大学、トロント大学、サイモン・フレーザー大学、ビクトリア大学の5校。いずれもカナダを代表する一流大学であり、翔君が進学を決めたブリティッシュ・コロンビア大のライフ・サイエンス部門はカナダで第1位にランキングされる超難関だ。

同校から翔君に提示された奨学金は3万ドル。同時に給与付きのリサーチ・アシスタント職としての採用もオファーされた。飛び級による14歳の、しかも奨学金付きの大学合格はカナダでもほとんど前例がなく、テレビや新聞が大きく報道することになったのである。

日本に一時帰国した翔君と母親の栄美子さんに会うことができた。日本のメディアに登場する「天才児」たちには、たしかに頭はいいけれど人間としてどこかバランスを欠いていると感じさせる子供が多いが、翔君はそうではない。栄美子さんと相当な早口でコミュニケーションを取ること以外、翔君に対して違和感を覚えることはなかった。

カナダでいうところの「ギフティッド」とはいったいどのような資質と能力を持った存在なのか、興味が湧いた。

PickUp