よりよく働く、生きる、輝く! 女性の応援サイト

授かりたい男女に贈る妊娠の真実

妊娠率が上がる? 「着床前スクリーニング」

PRESIDENT WOMAN Online 著者プロフィール
河合 蘭 かわい・らん
出産専門 ジャーナリスト

河合 蘭出産、不妊治療、新生児医療の現場を取材してきた出産専門のジャーナリスト。自身は2児を20代出産したのち末子を37歳で高齢出産。国立大学法人東京医科歯科大学、聖路加看護大学大学院、日本赤十字社助産師学校非常勤講師。著書に『卵子老化の真実』(文春新書)、『安全なお産、安心なお産-「つながり」で築く、壊れない医療』、『助産師と産む-病院でも、助産院でも、自宅でも』 (共に岩波書店)、『未妊-「産む」と決められない』(NHK出版生活人新書)など。 http://www.kawairan.com

執筆記事一覧

出産専門ジャーナリスト 河合 蘭
この連載の一覧

日本でも臨床研究が始まる

まだ臨床研究の段階だが、日本でも「着床前スクリーニング(PGS)」が始まることになった。着床前スクリーニングは、体外受精でできた受精卵の染色体を調べる検査だ。そして染色体の正常だったものだけを、子宮に戻す。

これは、出生前診断に反対している人たちからは「通常の出生前診断より安易に命の選別ができる」として、モラルの低下を心配する声が高い。しかし、不妊治療の世界では、見方は大きく違う。この技術を導入したいという声が高いのは、理由があるのだ。

受精後まもない段階でヒトの胚(受精卵)を調べると、あまりにも染色体異常を持つものが多いのが、その理由だ。若い人でも約半数、40代では7~8割に染色体異常が見つかる。それらの胚はどうなるのかというと、ほとんどが自然に消えてしまう運命にある。

染色体異常は1番から22番までの常染色体、性染色体のさまざまなところで起き、重複することもある。21トリソミー、18トリソミー、13トリソミーなどの場合は生まれてくることもあるので、この点については倫理的な議論が必要だ。しかし現実には、出産率が一番高い21トリソミーもその率は2割と厳しい。

子宮に受精卵を戻すことは「胚移植」という。胚移植は痛い、苦しいということはないが、1回15万円程度の費用がかかり、薬を使って子宮の準備をしてチャレンジする大仕事だ。妊娠できるぎりぎりの年齢で治療をしている人にとっては、ひとつのサイクルにかかる日数も気になる。

現在は、受精卵の妊娠の見込みは「細胞の形がいびつでない」「卵割の進みが早い」といったことで判断されている。しかし、海外で着床前スクリーニングが進んだ結果、染色体異常があっても素晴らしく良さそうに見える胚や、その逆のパターンもあり得ることがわかってしまった。

体外受精を経験した女性からは「すごくいい胚だと言われたのに着床しなかった」という話や、逆に「期待できないと思いながら移植したのに、この子が生まれたんです」という話がよく聞かれる。受精卵は見た目ではよくわからないことは、事実としてはよく知られている。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Keywords: 妊娠出産出生前診断
PRESIDENT WOMAN VOL.16
最新号 PRESIDENT WOMAN VOL.16 2016年8月号 うまい!書き方 ときにはわかりやすくシンプルに、ときには感情をのせて、相手に伝わる心を揺さぶるような文章が書けたら、毎日の仕事は大きく変わるはず。お礼状、挨拶状、依頼状、おわび状などの手紙から日々のメールやツイッター、フェイスブックまで、文章を書く機会がますます増えています。もっと、うまく書きたい。そう願うすべての方にこの特集をお届けします。
星座×タロットカードで占う 今月の仕事運
監修/Rieko★