よりよく働く、生きる、輝く! 女性の応援サイト

授かりたい男女に贈る妊娠の真実

35歳で始まる!「精子老化」の真実

PRESIDENT WOMAN Online 著者プロフィール
河合 蘭 かわい・らん
出産専門 ジャーナリスト

河合 蘭出産、不妊治療、新生児医療の現場を取材してきた出産専門のジャーナリスト。自身は2児を20代出産したのち末子を37歳で高齢出産。国立大学法人東京医科歯科大学、聖路加看護大学大学院、日本赤十字社助産師学校非常勤講師。著書に『卵子老化の真実』(文春新書)、『安全なお産、安心なお産-「つながり」で築く、壊れない医療』、『助産師と産む-病院でも、助産院でも、自宅でも』 (共に岩波書店)、『未妊-「産む」と決められない』(NHK出版生活人新書)など。 http://www.kawairan.com

執筆記事一覧

出産専門ジャーナリスト 河合 蘭
この連載の一覧

初期流産や不妊、子どもの異常につながる

「卵子の老化」はようやく知られてきたので、そろそろ、もうひとつの大事なことを知ってほしい。それは「精子の老化」だ。

少し生殖の知識を持つ方は「そんなバカな。卵子と違って精子は毎日新しく作られているから老化はないのだ」と思うかもしれない。確かに、卵子は胎児期に一生分が作られてしまって卵巣に貯蔵されているから持ち主と一緒に年をとる。それに対し、精子は毎日精巣で新しいものが作られている。ただ、毎日作られる「新しい精子」も、作っている身体の老化と無縁ではいられない。

今は、よく泳げない精子には、卵子を目の前に置いてくれる体外受精、卵子に注入してもらえる顕微授精という解決法がある。だから産婦人科では、精子自身の力にはあまり注目してこなかった。しかし、精子のプロである男性不妊の専門医たちは、臨床経験から精子も老化することを実感してきた。同じ男性を長年に渡って診ていると、精子データの推移から経年変化が観察されるという。

「男性不妊バイブル」(http://maleinfertility.jp/)というウェブサイトを持つ男性不妊専門医・岡田弘医師(獨協医科大学越谷病院泌尿器科主任教授)は、精子が作られにくい男性を大勢治療してきたが、35歳以上では結果が出にくくなることが気になっていた。そこで、条件を均一にしたマウスの卵に様々な一般男性の精子を入れてみたところ、一部の男性は35歳を境に精子の力が落ちることがわかった。

精子にはどんな老化が起きるのか、海外の文献を探すと意外にたくさんの報告があった。晩産化を反映して、父親年齢の研究が増えているのだろう。

これまでの関連研究をまとめた文献研究によると、加齢は精子を育てるホルモンや細胞、精子そのものの数を減らし、DNA損傷精子を増やす。染色体異常によるものが多い初期流産が増え、子どもの染色体異常も一部の疾患でやや増える。女性が35歳以上の場合、男性が若い場合より妊娠率が下がり、流産率が上がる傾向がある。

もちろん、高齢男性から生まれた子どものほとんどは健康ですくすくと育っていて、そんなに神経質になることはない。ただ、あなどれないケースもあることは知っておきたい。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Keywords: 妊娠出産不妊妊活
PRESIDENT WOMAN VOL.15
最新号 PRESIDENT WOMAN VOL.15 2016年7月号 女性の給料最新ファイル 友人にも同僚にもなかなか聞けないお金のハナシ、お給料。仕事に対して満足のいく給与ってどのくらい? 私の給与は妥当なの? 稼いだお金をみんなどうしてるの? モヤモヤしていたそんな疑問に、550人調査からお答えします!
星座×タロットカードで占う 今月の仕事運
監修/Rieko★