よりよく働く、生きる、輝く! 女性の応援サイト

「産む」×「働く」

夫の「子どもはまだいい」を変える「男性不妊」の話

PRESIDENT WOMAN Online 著者プロフィール
白河 桃子 しらかわ・とうこ
少子化ジャーナリスト、作家、相模女子大客員教授

白河 桃子少子化ジャーナリスト、作家、相模女子大客員教授、経産省「女性が輝く社会の在り方研究会」委員。
東京生まれ、慶応義塾大学文学部社会学専攻卒。婚活、妊活、女子など女性たちのキーワードについて発信する。山田昌弘中央大学教授とともに「婚活」を提唱。婚活ブームを起こす。女性のライフプラン、ライフスタイル、キャリア、男女共同参画、女性活用、不妊治療、ワークライフバランス、ダイバーシティなどがテーマ。「妊活バイブル」共著者、齊藤英和氏(国立成育医療研究センター少子化危機突破タスクフォース第二期座長)とともに、東大、慶応、早稲田などに「仕事、結婚、出産、学生のためのライフプランニング講座」をボランティア出張授業。講演、テレビ出演多数。学生向け無料オンライン講座「産むX働くの授業」(http://www.youtube.com/user/goninkatsu)も。著書に『女子と就活 20代からの「就・妊・婚」講座』『妊活バイブル 晩婚・少子化時代に生きる女のライフプランニング』『婚活症候群』、最新刊『「産む」と「働く」の教科書』など。

執筆記事一覧

少子化ジャーナリスト、作家、白百合、東京女子大非常勤講師 白河桃子
この連載の一覧

不妊の原因は男性が半分

夫の「子どもはまだいい」を何とかするには、男性にも不妊や適齢期があることを知らせることです。

子育ては男女共通のものです。男性で育休を長く(3カ月ぐらい)取った人に言わせると、「子育てにおいて男女の能力差はない。差があるとしたら、おっぱいが出ないことぐらい」ということです。

ですから、「いつ夫婦は子育て期に入るのか? その間のワークライフバランス、家計、などをどうするか?」というのは夫婦で真剣に話し合いましょうね。

そのとき、うまく男性を導いていくのはやはり女性でしょう。なぜなら、女性と男性とでは妊娠・出産に対しての意識が、小学生と大学院生ぐらい違うからです。女性だけが焦って、でもうまく伝えられず悶々とすることも多いでしょう。知識に差がありすぎるからです。

まず、男性も妊娠適齢期を知ることが大切です。そして、不妊のリスクは男性が半分負っていることを知ってほしいと思います。

不妊にはいろいろな原因があります。「排卵因子」「子宮因子」「卵管因子」「男性因子」です。「男性因子」とは、精子がない、少ない、動きが悪いなどです。また最近多いのは「ED(勃起不全)」で、これも男性因子のうちです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Keywords: 妊娠出産不妊妊活人間関係
PRESIDENT WOMAN VOL.15
最新号 PRESIDENT WOMAN VOL.15 2016年7月号 女性の給料最新ファイル 友人にも同僚にもなかなか聞けないお金のハナシ、お給料。仕事に対して満足のいく給与ってどのくらい? 私の給与は妥当なの? 稼いだお金をみんなどうしてるの? モヤモヤしていたそんな疑問に、550人調査からお答えします!
星座×タロットカードで占う 今月の仕事運
監修/Rieko★