2014年6月16日(月)

格安&最短!大前研一式「ビジネス英語」の新学習法

PRESIDENT 2013年8月12日号

斎藤栄一郎=構成 市来朋久=撮影
1
nextpage
最近、英語を使う機会が増えてきたと感じるビジネスパーソンも多いだろう。1回25分間、2400円の価格で「ビジネス英語のマネジメントコース」を開設したBBTオンラインに話を聞いた。

TOEIC600点から受講可能

「辞めようとする部下の慰留方法」「給与の見直し交渉」「社内ハラスメントについての指導と説明」「クレーム対応」「進捗状況の説明」……。何やら管理職向けのセミナーのようだが、実はとあるオンライン英会話レッスンで学ぶトピックだという。普通の英会話コースは「空港で」とか「ホテルのフロントで」といったトピックが多いが、こちらはずいぶん様子が違う。

この一風変わった講座は、「BBTオンライン・英会話レッスン」。主宰は、英語の達人としても知られる経営コンサルタントの大前研一氏率いるビジネス・ブレークスルー(BBT)だ。

なぜこのような内容なのか。大前氏に問うと、意外な答えが返ってきた。

「ここで学ぶのは英語ではなく、英語を使ったビジネスコミュニケーションです。しかも、単に上達するのではなく慣れてもらう。その慣れが行動につながり、行動が結果を生む。結果の出せるコミュニケーションを学ぶのです」

BBTオンラインの責任者でBBT取締役副社長の政元竜彦氏によれば、入門編のビジネスコースと応用編のマネジメントコースに分かれる。

前者はビジネスシーンで広く使われる英会話が中心だ。

後者は冒頭に取り上げたようなビジネスの現場で遭遇する諸問題をテーマに、マネジャーに求められるビジネスコミュニケーション術を習得する。

ビジネスコースは、いわば英語の「筋トレ」(大前氏)で、レベル1から10。各レベルには20のレッスンがある。レベル1は中学卒業程度、レベル10はTOEIC950点以上の英語能力が対象だ。マネジメントコースは、ビジネスコースのレベル6程度(TOEIC600点以上)から受講できる。

PickUp