2014年3月24日(月)

「部下は叩いて伸ばす」という思い込みに潜むリスク

PRESIDENT Online

著者
鳥居 勝幸 とりい・かつゆき
サイコム・ブレインズ会長

鳥居 勝幸1955年、愛媛県生まれ。西南学院大学商学部卒。富士ゼロックス、リクルートを経て、86年にブレインズ(現サイコム・ブレインズ)を設立。企業の人材育成と事業組織の強化を、研修とコンサルティングによってサポートする。主な著書に『営業の仕事が面白いほどわかる本』『いつでも結果が出せる営業』『社長が意図した売上計画を完全達成する6つのツボ』など多数。

執筆記事一覧

鳥居勝幸=文

「叱る」が常態化すると危ない

経営者の中には、「社員への理解が大切なのはわかりますが、実際には難しいですね。そんなに甘くはありませんよ」と言う人もいます。真面目だがミスを繰り返す経理課長、人はいいが売れない営業所長……。部下に対する経営者の悩みは尽きません。だからつい高圧的に叱りつけることになってしまいます。その気持ちはわかります。また、ときには叱る必要があるのも当然です。しかし、それが常態化していることに会社のリスクが潜んでいます。

一方的に言われた部下は納得しないまま「わかりました」と言ってその場を早く切り上げようとします。面従腹背です。経営者は部下が理解したものと思い、成果に期待します。しかし部下に主体的なパワーは宿っていませんから、計画と結果にズレが生じ始めます。また、部下は自分で考えていないため、何かあっても軌道修正ができません。こうして計画と結果のズレは大きくなっていき、再び経営者の叱責に戻るという負のスパイラルです。

また、往々にして、その部下は同じことを下にやります。そうやって「面従腹背の連鎖」、「考えない組織文化」ができていきます。「うちの社員は言われたことしかやらないよ」と嘆く経営者は、その原因を自分がつくってきたのかもしれません。

リーダーシップ・組織 一覧ページへ

媒体最新記事一覧