2014年2月24日(月)

脳科学が発見! 吸うと人を信じてしまう魔法の物質

PRESIDENT 2014年3月17日号

著者
池谷 裕二 いけがや・ゆうじ
東京大学薬学部教授

池谷 裕二1970年生まれ。専門は大脳生理学。とくに海馬の研究を通じて、脳の健康や老化について探究している。最先端の知見をわかりやすく解説する脳のスペシャリスト。文部科学大臣表彰若手科学者賞、日本学術振興会賞、日本学士院学術奨励賞などを受賞。『海馬』(共著、新潮文庫)『記憶を強くする』『進化しすぎた脳』(共に講談社)『脳には妙なクセがある』など著書多数。

東京大学准教授 池谷裕二 構成=村上敬 撮影=交泰 写真=PIXTA
1
nextpage
人が人を信頼する瞬間、脳の中では何が起きているのか? その仕組みの一部が脳科学により解明されつつある。信じるかどうかを判断する脳の部位、信頼を生む物質について気鋭の脳科学者が語る。

信頼と脳のメカニズムについて、最新の研究をご紹介しましょう。一般的に誰かに関する悪い評判を聞くと、その人に対する信頼度は下がります。シカゴ大学のマーガレット・ワードル博士らは、そのとき脳の尾状核が強く反応することを明らかにしました。

図を拡大
脳のメカニズム

これは何を意味するのか。尾状核は運動系の一つで、いちいち考えなくても体がスムーズに動くように筋肉の動きなどを計算します。たとえば小魚が大きな魚に追われているときに川が二股に分かれていたとします。このとき右に逃げるべきなのか、それとも左に進むべきか。その直感的な判断を下すのが尾状核です。悪い評判を聞いたときに尾状核が反応するということから、信頼するかどうかの判断には直感が深くかかわっていることが推察できるのです。

直感は非論理的だから役に立たないというわけではありません。私たちは大脳新皮質だけで論理的な思考をしていると思いがちですが、尾状核のある古い脳でも論理的な判断をしています。直感的な判断は、論理の過程が意識にのぼらないだけであり、あてずっぽうで決めているわけではないのです。

むしろ理屈より、直感のほうが正しい場合もあります。たとえば一目惚れがそうです。一目惚れで付き合い始めたカップルは結婚に至る確率が高く、離婚率も低いことが調査からわかっています。おそらく相手を信頼できるかどうかについても同じで、第一印象による判断は比較的正しいと考えられています。

私の専門である記憶の観点からも掘り下げてみましょう。信頼できるかどうかの判断は、過去の経験によって形成された内部モデルが関係していると考えられます。人はさまざまな経験を通して、自分の中に「こういう人なら信頼できる」という典型的な人物像をつくります。たとえば「テレビドラマで、こういう人は約束を守っていた」とか、「昔このような風貌の人に騙された」といった見聞も内部モデルの原材料になります。私たちが初対面の相手に対しても「この人はなんとなく信頼できそう」「いや、怪しい」と直感的な判断を下せるのは、瞬時に内部モデルと照らし合わせているからです。

PickUp