2014年2月6日(木)

仕事に“コミュ力”は本当に必要か?

他人の10倍稼ぐ、伝説のコンサルタントが教えるビジネスの法則【4】

PRESIDENT BOOKS /PRESIDENT Online スペシャル

著者
五十棲 剛史 いそずみ・たけし
船井総合研究所 取締役常務執行役員

船井総研を代表する看板トップコンサルタント。主に住宅・不動産ビジネスのほか、最近では広告企画会社、人材関連ビジネス、ITビジネスなどベンチャー系企業、LOHAS 関連ビジネス、富裕層ビジネス、ダイレクトマーケティング、レンタルビジネスなど、常に半歩先を見ながら時代に即した新業態のプロデュースを手がけている。お客様も社員もワクワクするビジネスモデルの設計や「ミッション一体型」企業づくりには独自のノウハウを持っており、グレートカンパニー化」に向けたコンサルティングで日々東奔西走している。これまで手がけたクライアント数は300社を超え、各業界でも注目の会社も多数手がけている。コンサルタントらしからぬ風貌、スマートなスタイルのイメージのまま、従来の既存の概念にとらわれないユニークな発想が高く評価されている。社内でただ1人、「ビジネスプロデューサー」と名乗る。自由な発想、独創的視点、即断即決を信条にスピードと直感力が最大の武器。

執筆記事一覧

船井総合研究所 取締役常務執行役員 五十棲剛史
1
nextpage
個性はビジネスでは得か、損か? 強烈な個人は組織では潰されるのか? 多くのビジネスマンに支持されている書籍『おれが浮いてるわけがない。』(五十棲剛史著)の著者で船井総合研究所常務が個性とビジネス・組織について赤裸々に語る。周囲から“浮いてしまう”ほど強い個性ながら、他人の10倍稼いできたコンサルタントが考える、いまの時代のビジネスマンの在り方とは?

「浮かない」というのは、周りと同じことをしているということだ。

それで場の空気は保たれるかもしれない。しかし、それで何か得るものはあるのだろうか。

「みんなと同じ」から、イノベーションが生まれることはない。

無難にみんなと同じ選択をしているときに、もっと本質的なことがその裏には隠されているかもしれないのだ。

最近の就職活動で、面接官が重視することとして「コミュニケーション能力」を挙げることがある。

若者の間では「コミュ力」といわれ、就職するための必須条件ともいわれている。

しかし、仕事をするうえで、コミュニケーション能力がそんなに重要なのだろうか?

コミュニケーション能力がある人が、仕事ができるというのは幻想ではないだろうか。

仕事の内容によっては、コミュニケーション能力が大事なこともある。しかし、新卒の就職活動で、それが一番大事だといわれるほどのことはないと思う。

私自身、コミュニケーション能力が高い人間だとは思えない。むしろないほうかもしれない。

部下には話しかけづらいと思われていたし、物言いで人を不快にさせていたことも過去にはあった。

でも、不快にさせたくないと思って、何も言わなければ伝わらないのではないか?

相手をおもんぱかって、婉曲的な言い方をした結果、何も伝わらないのでは本末転倒だ。

それよりは、多少コミュニケーションしづらくても、既存の枠を超えた視点で何かを提案し、人が言いにくいと思っていることをずばっと指摘できる人のほうが、結果的に良い変化を組織にもたらしてくれるのではないか。

PickUp