よりよく働く、生きる、輝く! 女性の応援サイト

働く女性の気になるおカネ

年末調整の受取額を少しでも増やす方法は?

PRESIDENT WOMAN Online 著者プロフィール
有山 典子 ありやま・みちこ
マネージャーナリスト

有山 典子

証券系シンクタンク勤務後、専業主婦を経て出版社に再就職。ビジネス書籍や経済誌の編集に携わる。マネー誌「マネープラス」「マネージャパン」編集長を経て独立、フリーでビジネス誌や単行本の編集・執筆を行っている。ファイナンシャルプランナーの資格も持つ。

執筆記事一覧

マネージャーナリスト 有山典子
この連載の一覧

年末調整、もっとたくさんもらえないの?

年の瀬の慌ただしい季節、12月の給料についてくるのが年末調整だ。思ったより多いとちょっと幸せ、引かれていたらなんだか不愉快。何かと物入りな時期だけに、「もっとたくさん戻ればいいのに……」と願う人が多いだろう。年末調整の受取額を増やす方法はないのだろうか?

まずは少しだけ、年末調整のしくみをおさらいしておこう。

毎月の給料からは2種類の税金が天引きされている。国に納める所得税と、自治体に納める住民税だ。天引されている所得税は、見込みで計算した概算額。年末になって1年間の収入が確定し、本当の所得税額がわかった後に、それまでに払った概算の合計額と差し引きして差額を精算する。これが年末調整だ。一方の住民税は、確定した所得税の内容をもとに計算して税額が決まり、翌年6月の給料から天引きする。では、本当の税額はどうやって決まる? 会社員の場合、アバウトには次の3ステップで計算すると考えればいい。

(1)収入が決まる →(2)いろいろな控除を差し引く →(3)税率を掛ける

図を拡大
会社員が税金を納めるスケジュール

(2)の「控除」とは、“条件にあてはまる人は収入から差し引いてOK”とされている額のこと。たとえば、「妻を扶養している人は配偶者控除として38万円引くことを認めましょう」といった具合だ。計算上、控除が多いほど税額は少なくなる。ただ、どの控除をどれだけ受けられるかは人によって違うので、それを申告するために、年末調整にあたっては会社員全員が会社に書類を提出するしくみだ。

この書類の名前は「給与所得者の扶養控除等(異動)申告書」「給与所得者の保険料控除申告書兼給与所得者の配偶者特別控除申告書」――11月には会社から配られたはず。そう、薄っぺらくて横長の、字が細かくて見る気がしない、あの紙のこと。「面倒くさいから毎年、適当にハンコ押して出しちゃう」という人、それはNG! ここで控除をたくさん申告できれば、年末に受け取る額も多くなるのだから。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Keywords: 年収・給与保険税金
PRESIDENT WOMAN VOL.14
最新号 PRESIDENT WOMAN VOL.14 2016年6月号 一日で、ロジカルに話せる人になる ビジネスシーンでの「話し方」において、最も必要なことはなんだろう。そして、世の中の働く女性が苦手だと感じていることは? 今月のプレジデントウーマンは「論理的に話すこと」を目標に掲げます! これができれば、きっと悩みは解決するはずです。

今日の花個紋

花金鳳花の丸

はなきんぽうげのまる
個意ことば
【色気】
花名
花金鳳花

花個紋は、四季折々の花を「紋」にあらわした “その日”を祝福するための「しるし」です。

© Digimom Workers ,Inc

星座×タロットカードで占う 今月の仕事運
監修/Rieko★