よりよく働く、生きる、輝く! 女性の応援サイト

女の言い分、男の言い分

なぜ、日本の働く女性は世界一睡眠時間が短いのか -結婚と家事分担・女の言い分

PRESIDENT WOMAN Online 著者プロフィール
佐藤 留美 さとう・るみ

佐藤 留美1973年東京生まれ。青山学院大学文学部教育学科卒。出版社、人材関連会社勤務を経て、2005年、企画編集事務所「ブックシェルフ」を設立。20代、30代女性のライフスタイルに詳しく、また、同世代のサラリーマンの生活実感も取材テーマとする。著書に『婚活難民』(小学館101新書)、『なぜ、勉強しても出世できないのか? いま求められる「脱スキル」の仕事術』(ソフトバンク新書)、『資格を取ると貧乏になります』(新潮新書)、『人事が拾う履歴書、聞く面接』(扶桑社)、『凄母』(東洋経済新報社)がある。東洋経済オンラインにて「ワーキングマザー・サバイバル」連載中。

執筆記事一覧

佐藤留美
この連載の一覧
■編集部より指令
グラフを拡大
日本の働く女性は世界で一番寝ていない

職場では女性の進出が進み、男女同じ仕事を任されるようになってきました。

一方で、男性の家庭進出はなかなか進まず、家事や育児の負担は依然として妻に重くかかっています。

仕事と家事のWワークに追われて、日本の働く女性の睡眠時間は世界的に見ても短く、男性より女性のほうが睡眠時間が短い国は日本くらいなのだそうです。ああ、かわいそう。この「家事分担問題」、どうしたらうまく解決できるでしょうか?

■大宮冬洋さんの回答

夫に家事をさせるための魔法のひと言 -結婚と家事分担・男の言い分
http://president.jp/articles/-/11183

■佐藤留美さんの回答

働く女性が眠れない理由

「日本の働く女性」は、世界一寝ていない――。

しかも、「日本の働く男性」より寝ていない。

衝撃のデータですね。日本の女性は、国際的に見て体格も小さく、その分体力も低そうなのに……。このまま放置していたら、心身ともに崩して長期休暇を取る羽目に、あるいは根詰め過ぎて“過労死”なんて最悪の事態を招きかねません。

なぜ、日本の働く女性は眠れないのでしょうか?

それは、編集のヨコタさんご指摘の通り、男性の“家庭進出”が進まないからが、一因でしょう。

ここ数年、子どもを産んだ後も育児休業(育休)を取得し、職場復帰する女性が飛躍的に増えました。

フルタイムで働く女性の育休取得率は83.7%(10年度)。また育休後、職場に復帰した女性の割合は92.1%となっています。

フルタイムで働くワーキングマザーの日常は壮絶です(筆者は東洋経済オンラインで「ワーキングマザー・サバイバル」という働くママルポを連載中)。

会社を18時頃出て、ダッシュで保育園に子どもを迎えに行き、夕飯の買い物をして夕飯を作り、子どもに食べさせ、お風呂に入れて、寝かしつけるのがやっと21時~22時頃。

こうして、子どもがようやっと寝静まると、今度は、母さん、残務処理を始めます。残業せずに帰宅しているため、やるべきことが山積みなのです。だから、やむなく、リモートアクセスで会社のイントラと繋がって、明日の会議資料を作ったり、メールの返信を打ったりする。

そんな頃、ようやく、ご主人がご帰還です。そして、今度は夫のご飯の世話……なんてことになる。こうして、寝るのは日付けが変わるころ。そして、また翌朝、早朝に起きて、子どもの登園準備、保育園への送り、そして、満員電車に揺られて職場に行き、残業出来ないから人の倍速で働く、というわけです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
PRESIDENT WOMAN VOL.16
最新号 PRESIDENT WOMAN VOL.16 2016年8月号 うまい!書き方 ときにはわかりやすくシンプルに、ときには感情をのせて、相手に伝わる心を揺さぶるような文章が書けたら、毎日の仕事は大きく変わるはず。お礼状、挨拶状、依頼状、おわび状などの手紙から日々のメールやツイッター、フェイスブックまで、文章を書く機会がますます増えています。もっと、うまく書きたい。そう願うすべての方にこの特集をお届けします。
星座×タロットカードで占う 今月の仕事運
監修/Rieko★